Made in Japanのものづくりを続ける〈アーツ&サイエンス〉。ジェンダーレス、ボーダーレス、ワークウェア、エスニックを基本理念にソニア パークがディレクションする服はモードやトレンドとは 少し違うところにある。けれど数多の“服好き”に愛されている。 自らの服づくり、おしゃれのポリシー…日頃から考えていることを徹底語り下ろし!


Why made in Japan?

どうしてメイド・イン・ジャパン?

 

アーツ&サイエンスのひとつめの製品は日本国内で作ったパジャマでした。

10年以上がたち、その間、海外に依頼したアイテムもありましたが、今、〈アーツ&サイエンス〉の製品は99%がメイド・イン・ジャパンです。いいものを作ろうとやってきたら、必然的にそこに落ち着いているんです。

メイド・イン・ジャパンのプロダクトは、独自の存在感をもっています。フランスやイタリアのハイブランド製品の美しい最新最上品質の生地が、実は日本製だったり、日本のデザイナーも日本で作った服をひっさげてヨーロッパで活躍してきたり、とハイレベルなものづくりは、世界で認められてはいましたよね。服が大好きな私にとって、メイド・イン・ジャパンの高いクォリティや真摯(しん し)なマインドへのリスペクトは、1980年代からずっと強くあったんです。

たとえばこのような刺繡は日本ではできない、と技術を求めて外国での生産を試みた時もありましたが、大量に作らないと生産が難しかったり、コミュニケーションが密接にとれずにこころゆくまでものづくりができなかったことも。今、会社にはプロフェッショナルなスタッフたちがいますので、国内の高い技術を求めさまざまな工場とおつきあいして、ものづくりを進めています。貴重な技術が埋もれたりなくならないようにという思いももちながら、メイド・イン・ジャパンに頼っている態勢。

とはいえ手づくりの素晴らしいものでも、値段が高すぎるものは製品にはできません。またものづくりには、生鮮食品を扱うような面があって、技術にこだわるといっても、服のコンディションの維持についてもバランスをとることが大切。古着っぽいテイストを出しながら一枚一枚縫うジャケットに一定の高い品質をもたせるためには、生産量はそれほど多くできないのです。

服はアート作品ではなく工業製品! さまざまなバランスで成り立つものだと思います。

 

天然染料で染めたピンクのギャザーブラウス

gz12_161017_2_44819

最も細いリネン糸を織った、A&Sでは定番のガーゼ生地に、ペルーにルーツをもつコチニール染料で染色。定番のスーパーギャザーブラウスがこんな独特なピンク色の着心地いい生地で楽しめる。Super gather blouse ¥79,000*来年4月頃発売予定(A&S | アーツ&サイエンス青山)

Sonya Park ソニア パーク

〈アーツ&サイエンス〉クリエイティブディレクター。2003年に自身が好きなものをそろえた〈アーツ&サイエンス〉を立ち上げる。日本をはじめ世界中から選び抜いた作家や職人たちによる日常使いのクラフトを並べた「HIN アーツ&サイエンス 二条通京都」を10/22にオープンしたばかり。この店に隣接してジェンダーレス・ボーダーレスをコンセプトにした「&SHOP京都」も同時にオープン。現在、京都に3店舗、東京に7店舗を運営している。
www.arts-science.com


* Information *

William Welstead 10th Anniversary!
イギリス・コッツウォルズを拠点に独創的なジュエリーを展開するウィリアム・ウェルステッド。A&Sでの10年に渡る展開を記念して、ウィリアム ショップを期間限定でオープン。10点のスペシャルダイアモンドリングの他、様々な貴石を用いたジュエリーが一堂に!
http://arts-science.com/news/william-welstead-10th-anniversary/

AT THE CORNER by ARTS&SCIENCE
東京都港区南青山6-1-6 パレス青山109
03-6418-7960

—–

Noble Dogs by Domenica More Gordon
ス コットランドのアーティスト、ドメニカ・モア・ゴードンの企画展<Noble Dogs>を先月オープンしたばかりのHIN / Arts & Science, Nijodori Kyotoにて開催中。1800年代後半のイギリスをテーマとしたフェルトワークのほか、オリジナルショートフィルムも。
http://arts-science.com/news/noble-dogs-by-domenica-more-gordon/

HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
京都府京都市中京区木屋町通二条東入東生洲町482番地3角
075-253-6792

—–

Yaser Shaw/ Handmade stoles from Kashmir
今 年で3回目となる<Yaser Shaw>のトランクショーを、12月9日(金)から11日(日)の3日間、A&S青山と&SHOP京都にて開催。インド・カシミール地 方の伝統技術を守り、手紡ぎ、手織り、手刺繍のオールハンドメイドによって作られるYaser Shawのパシュミナストール。A&Sのテイストを取り入れた特別なラインアップを含む、約200枚のコレクションが一堂に会します。
http://arts-science.com/news/yaser-shaw/

A&S Aoyama
東京都港区南青山6丁目6番20号パシフィック青山 〒107-0062
03-3498-1091

&SHOP Kyoto
京都府京都市中京区木屋町通二条東入東生洲町482番地3
075-253-6792

—–

Photo: Satoshi Yamaguchi
Text: Chikako Hara
Cooperation: Yuriko E

「そのもの自体の魅力」ソニア パークと考える。服を着ること、服を買うこと – #03

服を着ること、服を買うこと
そのもの自体の魅力

ソニア パークと考える
ファッションはどこに向かうのか? think now fashion 03 – グレン・マーティンスさん 〈Y/プロジェクト〉クリエイティブディレクター 

ファッションはどこに向かうのか?
think now fashion 03

グレン・マーティンスさん
〈Y/プロジェクト〉
クリエイティブディレクター 
山縣良和×ヘレナ・ルメルスキー×堀内太郎が鼎談。同世代デザイナーが東京で再会

山縣良和×ヘレナ・ルメルスキー×堀内太郎
同世代デザイナーが東京で再会

私たちのアントワープとロンドン
「卵と糸」ソニア パークと考える。服を着ること、服を買うこと – #02

服を着ること、服を買うこと
卵と糸

ソニア パークと考える
「夢見る買い物」ソニア パークと考える。服を着ること、服を買うこと – #05

服を着ること、服を買うこと
夢見る買い物

ソニア パークと考える
「”洋服”じゃなくて”服”」ソニア パークと考える。服を着ること、服を買うこと – #04

服を着ること、服を買うこと
ソニア パークと考える

“洋服”じゃなくて“服”
「なぜ好きなのか?」ソニア パークと考える。服を着ること、服を買うこと – #06

服を着ること、服を買うこと
なぜ好きなのか?

ソニア パークと考える
「最近、日本のブランドってどーなの?」緊急ガールズトーーク! 『GINZA』エディターズチーム編

緊急座談会!
和菓子とお茶とガールズトーーク!
「最近、日本のブランドってどーなの?」

『GINZA』エディターズチーム編
「最近、日本のブランドってどーなの?」緊急ガールズトーーク! スタイリストチーム編

緊急座談会
和菓子とお茶とガールズトーーク!
「最近、日本のブランドってどーなの?」

スタイリストチーム編
YAECA × 大野メリヤス工業所 – 世界に誇る、日本のものづくり。デザイナーが信頼する、工場やアトリエに潜む魅力とは?

世界に誇る、日本のものづくり
YAECA ×
大野メリヤス工業所

デザイナーが信頼する、
工場やアトリエに潜む魅力とは?
人間界の気になる美容の噂を猫目線でレポート。猫探偵KIKI「ママはビューティジャーナリスト」人も猫も健康美は爪先から

猫探偵KIKI
人も猫も健康美は爪先から

ママはビューティジャーナリスト
「最近、日本のブランドってどーなの?」緊急ガールズトーーク! ジャーナリストチーム編

緊急座談会!
和菓子とお茶とガールズトーーク!
「最近、日本のブランドってどーなの?」

ジャーナリストチーム編
COMMONOreproducts × タキヒヨー – 世界に誇る、日本のものづくり。デザイナーが信頼する、工場やアトリエに潜む魅力とは?

世界に誇る、日本のものづくり
COMMONOreproducts
× タキヒヨー

デザイナーが信頼する、
工場やアトリエに潜む魅力とは?
「背伸びの大切さ」ソニア パークと考える。服を着ること、服を買うこと – #09

服を着ること、服を買うこと
背伸びの大切さ

ソニア パークと考える
年末の恒例行事、コスメの開運法とは?「大掃除の手始めは」- 長谷部千彩のTiny Sketch 07

長谷部千彩のTiny Sketch 07
大掃除の手始めは

まずは楽しい所から!
SIRISIRI × 八木原製作所など – 世界に誇る、日本のものづくり。デザイナーが信頼する、工場やアトリエに潜む魅力とは?

世界に誇る、日本のものづくり
SIRISIRI ×
八木原製作所など

デザイナーが信頼する、
工場やアトリエに潜む魅力とは?
「日常着の成熟」ソニア パークと考える。服を着ること、服を買うこと – #08

服を着ること、服を買うこと
日常着の成熟

ソニア パークと考える