Made in Japanのものづくりを続ける〈アーツ&_サイエンス〉。ジェンダーレス、ボーダーレス、ワークウェア、エスニックを基本理念にソニア パークがディレクションする服はモードやトレンドとは 少し違うところにある。けれど数多の“服好き”に愛されている。 自らの服づくり、おしゃれのポリシー…日頃から考えていることを徹底語り下ろし!


Wonders of shopping

夢見る買い物

 

よくそういうシーンを目撃してしまうのですが、女の人って、刺繡とか手仕事のものを見ると「私が持っていなくちゃ」と天(?)からの囁きに逆らえなくなることがあるみたいです。美しい布物に対しても、自ずと心惹かれてしまうのも同じ。いにしえからの女性の思いがDNAに刻まれているのかもしれないですね。

買い物って、単純に気分が上がるものです。服を手に入れる時の楽しくなる気分は理屈ではないけど、「また買い物しちゃった」と罪悪感をもつ人もいますよね? 無駄遣いしてはいけない、という教育からだと思いますが、買い物で上がる気分については肯定したいものです。

また少数民族のきらびやかな衣装が日常着だったりするのを見るにつけても、〝身につけたい、飾りたい〟気持ちは人に備わっている本能なのだと感じます。そんな、自分自身が豊かになれる本能は、保っていきたいと思います。

 

愛しきハンドスモック刺繡のブラウス

gz12_161017_2_44815

A&Sの定番生地、ウールシルクシフォン(ウール70%、シルク30%)に日本の工房で手刺繡を施したラグランブラウス。
Raglan smocking blouse ¥140,000*来年2月頃発売予定(A&S | アーツ&サイエンス丸の内)

Sonya Park ソニア パーク

〈アーツ&サイエンス〉クリエイティブディレクター。2003年に自身が好きなものをそろえた〈アーツ&サイエンス〉を立ち上げる。日本 をはじめ世界中から選び抜いた作家や職人たちによる日常使いのクラフトを並べた「HIN アーツ&サイエンス 二条通京都」を10/22にオープンしたばかり。この店に隣接してジェンダーレス・ボーダーレスをコンセプトにした「&SHOP京都」も同時に オープン。現在、京都に3店舗、東京に7店舗を運営している。
www.arts-science.com


 

* Information *

William Welstead 10th Anniversary!
イギリス・コッツウォルズを拠点に独創的なジュエリーを展開するウィリアム・ウェルステッド。A&Sでの10年に渡る展開を記念して、ウィリアム ショップを期間限定でオープン。10点のスペシャルダイアモンドリングの他、様々な貴石を用いたジュエリーが一堂に!
http://arts-science.com/news/william-welstead-10th-anniversary/

AT THE CORNER by ARTS&SCIENCE
東京都港区南青山6-1-6 パレス青山109
03-6418-7960

—–

Noble Dogs by Domenica More Gordon
ス コットランドのアーティスト、ドメニカ・モア・ゴードンの企画展<Noble Dogs>を先月オープンしたばかりのHIN / Arts & Science, Nijodori Kyotoにて開催中。1800年代後半のイギリスをテーマとしたフェルトワークのほか、オリジナルショートフィルムも。
http://arts-science.com/news/noble-dogs-by-domenica-more-gordon/

HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
京都府京都市中京区木屋町通二条東入東生洲町482番地3角
075-253-6792

—–

Yaser Shaw/ Handmade stoles from Kashmir
今 年で3回目となる<Yaser Shaw>のトランクショーを、12月9日(金)から11日(日)の3日間、A&S青山と&SHOP京都にて開催。インド・カシミール地 方の伝統技術を守り、手紡ぎ、手織り、手刺繍のオールハンドメイドによって作られるYaser Shawのパシュミナストール。A&Sのテイストを取り入れた特別なラインアップを含む、約200枚のコレクションが一堂に会します。
http://arts-science.com/news/yaser-shaw/

A&S Aoyama
東京都港区南青山6丁目6番20号パシフィック青山 〒107-0062
03-3498-1091

&SHOP Kyoto
京都府京都市中京区木屋町通二条東入東生洲町482番地3
075-253-6792

—–

 

Photo: Satoshi Yamaguchi
Text: Chikako Hara
Cooperation: Yuriko E