鼻先にふわりと感じる春の気配……。花粉症にお悩みの読者のみなさま、ご機嫌いかがでしょうか?

花粉症歴25年のママとアレルギー歴7年の私は、本格的な春の到来に向けて、その対策準備に忙しくて。こう見えてもワタクシ、都会暮らしのせいか飼い主に似たせいか繊細で、春になると痒みが出て敏感傾向に。そういう人も、ペットも増えているって聞くけれど、それこそが「春の肌うつ」なんだって、そうママは言ってる。

乾燥や花粉はもちろん、黄砂や大気汚染、そして紫外線。気温の上昇とともに私たちを取り巻く環境は一年でもっとも過酷な時期に。とくに大気汚染によるダメージは郊外より都市のほうが深刻で、あらゆる肌ダメージを4倍も増幅させてしまうんですってー。PM2・5なんて毛穴の約20分の1のサイズだから、やっぱりプロテクトしないと怖いし、その研究データが明らかになったからこそ、今春の美白&UVケア製品はどこも大気汚染ケアに比重を置いているのよね。さらにこの「肌うつ」、エストロゲンとも関係があって、女性ホルモンが乱れやすい、低下している人ほど悪化しやすいんだそう。ふーん、ということは男性より女性のほうが「肌うつ」になりやすいのかも? 大変!

最近ママが入手したのが、イオンの力で帯電した花粉やPM2・5を寄せつけないスプレー、IHADA アレルスクリーンとパワフルな空気清浄機、そしてもちろん、最新最強クラスのUVケア製品たち。さすがママ、抜かりなしね。

KIKI キキ

ビューティジャーナリスト安倍佐和子氏の愛猫。12歳。ママの原稿をこっそり盗み読みしながら、日々、美容情報を収集。人間界の気になる美容の噂を猫目線でレポート。

安倍佐和子

ビューティジャーナリストでKIKIのママ。女性誌や広告の編集・執筆をはじめ、講演会などでも活躍。先進スキンケアからメイク、オーガニックまで守備範囲は広い。

Illustration: Maria Ines Gul
Text: Akiyo Nitta