你好嗎〜?皆様、 いかがお過ごしですか?こちらは最近めずらしく雨続き、ジメジメどんよりとした台北シティーでございます。そんな悪天候の中、私事になりますが、新たなハウスへ引越いたしました。その新たなクリブは何処かと申しますと、なんと、記念すべき真理的朋友訪問日記第一弾で紹介したManic SheepのJoyちゃんのマンション!色々とご縁がありJoyちゃんとルームメイトになりました。笑 数年前までは世界で一番高い高層ビルだった台北101をリビングルームから毎日一望でき、ローカルフードも充実、ダウンタウンから少し離れているので物価も若干安く自炊も楽しいという、天気は良くなくとも、フレッシュな毎日を噛み締めております。

さて、前回は台北イットガールズのカバンの中身を紹介いたしましたが、今回は旅行で台北を訪れたトラベラー2組のカバンの中身を覗いてみようと思います。

 

case01.
Tomoe & Kuroki

まず1人目は、GINZAの誌面でも大活躍しているイラストレーター姉妹ユニットStomachache. のともえちゃん。休日を利用してふらりと台北へ遊びにいらっしゃいました。台北の美食エリア、東門あたりのNom Nomというカフェでインタビュー。

Tomoe_1

 

Tomoe_stuff1

この赤いバッグは、ともえちゃんがこの旅用に作ったハンドメイドのもの。内側にループを作り、貴重品入れポーチを繋げれるように工夫してあります。ちなみに、着ているスウェットのMike Mills(映画監督でミランダジュライの旦那さん!)の文字も、自ら刺繍したもの。普段からトンカチ、ノコギリ、ネイルガンでなんでも作っちゃうともえちゃん、DIYっぷりが光ってます。

 

それでは、早速カバンの中身を拝見〜!

Tomoe_stuff2

パスポートなどを入れた貴重品入れポーチ、stomachache.のロゴ入り手作り小物入れポーチ、iPhone、ガイドブック、マップ、夜市にて皆で撮ったプリクラ、赤と黒のペン、財布(イルビゾンテ)、手拭い、MRTカード(台北の地下鉄用カード、台北版Suicaのようなもの)、そして、こちらで友達になった皆にあげるための名刺代わり自作スティッカーも持参。

 

ともえちゃん、今回は彼氏の黒木君と一緒に台北上陸したのですが、2人で共有のお財布を用意し、そこから食事代などを出しているそう。手っ取り早くてすごく良いアイディア。カップル旅行する際は、是非とも共用財布のご用意を!

 

kuroki_1

こちらは、ブックストアUtrechtスタッフの黒木君が購入したお土産2品。縁起の良さそうな飾りと、こちらでよく見かけるストライプの買い物袋。太めのストライプが日本で探してもなかなか出会えない可愛さ。

 

ともえちゃんと黒木君に、台北旅行中に一番役立ったものは何かと聞くと揃って、レンタルのWi-Fiのルーター、そして、Google Mapとのアンサーが。Google Map活用の際は、行きたい場所、お気に入りの場所にスターを付けるのを忘れずに!台北で一番楽しかったスポットは、士林(シーリン)夜市の怪しいお店だったそう。特に、ピンバッジを売っていた露店と、大型100円ショップがお気に入り。一緒に士林夜市を回った際には、謎の大型100円ショップで1時間程チープなおもしろグッズを物色してました。時間を忘れてしまう楽しさ!また、ローカル感を味わえるま台北の友達のまったりとした雰囲気のお家、セレクトショップのWaiting Roomもお気に入りとのこと。

 

Tomoe_stuff4

ともえちゃん、士林夜市にてパチモンらしきちび◯◯子ちゃんのピンバッチ、同じくパチモンらしきどら◯もんのシール、ミッ◯ィーちゃんのキーホルダーを購入。

 

また、黒木君の台北のオススメの品は、威士忌啤酒と呼ばれるウィスキー入りビール!台北出身の友達の話によると、工事現場のおじさんが現場で飲むガテン系飲料らしいです。こちらの工事現場のおじさま達、昼からビールを飲み作業をするというのが割と普通のようです。

IMG_2586

 

手作りグッズで準備周到、そしてニッチなスポット巡りをとてもエンジョイしていたともえちゃんと黒木君、4月頭に台北で行われるCulture&Art Book Fair に参加するため台北にまた舞い戻ってくるそう!おふたり、次回も様々なおもしろスポットを開拓しそうな予感!

 

 

case02.
Alex

 

さて、トラベラー2人目は、NY出身のアーティスト、Alexander Muret のカバンの中身!作品が去年のイヴ・サンローランのコレクションに起用されたりと、今大注目の新進気鋭アーティストです。彼の創り出す文字をベースにしたミニマルな作品はとても魅力的。

IMG_6928

MURET_HOSAKA_TYO17

ちょうど先月、東京渋谷にあるブックストア兼ギャラリーのUtrechtにてスマートでウィット溢れる知性派アーティストGoichi Hosaka と展示を行ったり、無印のモデルをしたりと、日本でも活躍中。

 

Alex_1

 

Alex、展示のための日本訪問ついでにブックリリースのイベントを台北のWaiting Roomでも行うこととなり、台北へ1週間半滞在することに。大安エリアにある24時間オープンしている台湾朝食屋、永和豆漿大王を訪れ、豆漿を食べながらインタビューを行いました。

Alex_2

 

さっそく、彼のカバンの中身を拝見、、、と思ったら、全てポケットに収まっておりました。

Alex_stuff

持ち運んでいたのは、ストップウォッチ(!)、財布、iPhone、ペン。いつもはアイディアノートを持ち運んでいるけど、取材した日はたまたま忘れて来てしまったとのこと。

群を抜いてとても気になるピンクと青色のストップウォッチ。なぜ持ち運んでいるか聞いてみると、集中して何かすると時間を忘れてしまうので、作業をするごとにどれほど時間を費やしたか分かるよう、ストップウォッチを常に持ち運んで時間を計っているんだ〜、と教えてくれました。人生におけるマイルールが面白い。それにしてもストップウォッチ、久しぶりに見ました。

Alexの財布の中身は、お金、クレジットカード、MRTカードが入っているそうです。そして、iPhoneには辞書アプリが入れてあり、異国でも常にコミュニケーションが図れる状態に。そして、自分の興味のある記事をストックできるPocketというアプリも入れており、時間がある時に情勢チェックを欠かさないそう。

ちなみに、台湾でお気に入りの食べ物は、ピーナッツ餅と蓮霧とよばれるリンゴと梨の中間のような味のごつごつとした見た目の果物。英語ではWax Appleと呼ばれるそうです。

Alex_3

台北で持ち歩くべき必需品はズバリ何でしょうと聞いてみたら、NOTHING!!という力強い答えが。たまにはモノに頼らない冒険もアリ?というわけで、手ぶらでブラブラしてみるのもオススメかも…?!

台北で印象的な事は何か聞いてみたところ、よく紫色を見かけること!と、若干興奮気味に教えてくれました。が、私の個人的な意見ですと、あまり気にかけたことがなかった、というか、気付いたことはなかったのですが、流行色なのでしょうか、たまたまでしょうか、定かではありません。笑

Alex_4

 

 

ともえちゃん黒木君Alex 、そしてAlexのマネージャー的存在Manoの5人で連日行動を共にしたのですが、笑いと冒険の絶えない楽しいひと時となりました。我等の台北アドベンチャーの様子は、それぞれのInstagramアカウントでもチェックしてみてください。

今回は台北を訪れたイケてるトラベラー達のカバンの中身をチェックさせてもらいましたが、それぞれの溢れんばかりのアイディアとピカリと光る個性が印象的でした。ちなみに、私が台北で旅行する際必須だなと思ったものは、現金。台北では大型デパートなどでない限り、クレジットカードが使えないお店が多いので現金は常に持ち歩いておいたほうが良いです。むむ、ごもっともなつまらない回答で締めくくらせて頂きます!

それでは、来月の真理的朋友訪問日記でもアツアツな台北情報をお届けしようと思いますので、お楽しみに!再見!

小嶋真理 Mari Kojima

写真家・フリーの翻訳家、ライター。
website: marikojima.com
instagram: @rottendotmari

趣味で始めたウェブマガジンも、ボチボチアップ中。
gallomo.com