銀座の街に62年続く文化的なタウン誌『銀座百点』とGINZAがコラボレーションした5月号の別冊付録『ギンザ百点』。ささやかだけれどこの街に在り続ける魅力のひとつひとつを探して集めて作りました。その中からいくつかの記事をお届けします。

gz05_L1002772

「小粋にカンカン帽」

もともとはたくましい腕をした水兵さんやボート漕ぎのための帽子だったカンカン帽。こちとら腕っぷしは弱めだけど、笑顔を武器に小粋に被ってみたい。「銀座トラヤ帽子店」オリジナルならちょっと強気でいけそう。
カンカン帽 ¥18,000/シャツ ¥43,000(ルーチョ ヴァノッティ ¦ ジャーナル スタンダード ラックス 渋谷店 ☎03-5457-0844)/ピアス ¥28,000(ミキモト ¦ ミキモト カスタマーズ・サービスセンター 70120-868-254)

銀座トラヤ帽子店
東京都中央区銀座2-6-5
☎03-3535-5201
10:30〜19:30
不定休

 


 

gz05_170312 GINZA ブツ 342

「小さな毛抜き」

晴海通りを挟んで歌舞伎座の真向かい、創業100年を越える刃物屋さんで見つけた小さな毛抜き。江戸時代、旅に持って行くために作られたそう。小さいけど使い心地もよし。昔の人はずいぶん旅上手だったんだ。
「春斉作豆毛抜」24mm ¥2,723

銀座 菊秀
東京都中央区銀座5-14-1
銀座クイントビルB1
☎03-3541-8390
11:00〜18:00(土〜17:00)
定休日 : 日祝、夏季休業、年末年始

 


gz05_170312 GINZA ブツ 191

「日々の器」

器のセレクトショップ「日々」は作品展を開催しているからギャラリーのようだけれど、実際、日々使えそうな器の品ぞろえで、店名にガッテンしたくなる。器に季節の花を生けたディスプレイがこれまた素敵で、欲しくなっちゃう。
左上: 角小皿 ¥2,000(生形由香) 右上: 白磁木瓜豆皿 ¥1,800、左下: 白磁染付糸巻皿 ¥2,200(共に安齋新・厚子) 右下: 木の小皿 ¥6,000(佃眞吾)

エポカ ザ ショップ 銀座・日々
東京都中央区銀座5-5-13 B1
☎03-3573-3417
12:00〜19:00
(作品展前日は〜16:00、
作品展最終日は〜17:00)
無休

Photo: Katsuhide Morimoto
Styling: Yuriko E
Make-up: UDA
Model: Luka
Text&Edit: Naoko Kato
Cooperation: Hiromi Kajiyama


いかがでしたでしょうか?GINZA5月号についている実物の『ギンザ百点』も、ぜひ手に取ってめくってみてください。文庫本よりも少し大きいくらいのサイズ感なので、バッグに入れて銀座へおでかけしても、ベッドボードに置いて寝る前に少し眺めてもらっても。GINZAが愛する銀座のことを、一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。