こんにちは。牧歌的だったヴィリニュスから飛行機でひとっ飛び。他の2都市に比べ、とても洗練された印象のエストニアの首都タリンへ到着。天気は霧雨。
まずは簡単に基本情報を。バルト三国の中で最北に位置するエストニア共和国は、1991年ソビエト連邦より独立を回復。人口は134万人で、公用語はエストニア語(「ありがとう」は「アイタ!」)。通貨はユーロ。IT先進国としても知られ、Skypeが生まれたのも、この国。

ginzamag16_02
タリンはフィンランド湾に面した港町で、全長2.3kmの城壁に囲まれた旧市街は、建物や石壁が中世の面影を残し、レトロの雰囲気が漂う。正直、ちょっとテーマパークっぽさも感じてしまうほど。

ginzamag16_03

旧市街の中心、旧市庁舎広場。

ginzamag16_04

中世の衣装でツーリストを迎える店も。

ginzamag16_05

城壁に沿って露店が並ぶ、通称「セーターの壁」。

 

ginzamag16_01

路地裏の一角にある「ピエール・ショコラテリー」は、中世の建物を改装したカフェ。http://www.pierre.ee

タリンの旧市街も、そぞろ歩くだけならやっぱり3時間もあれば充分楽しめちゃうので、ちょっと足をのばして、駅向こうにあるマーケットへ。昔からの庶民の台所である「ヤーマ・トゥルグ」は、最近建物を新しくしたようで、驚くほど綺麗。1階は食材のほか、テイクアウェイ専門の店が並び、地下にはスーパーマーケットも。

ginzamag16_06ginzamag16_07

ぜひ覗いてほしいのが、2階。エストニア産のクラフトショップもあれば、掘り出しものが見つかるアンティークショップもあって、かなり見応えあり。エストニアのアンティークショップの魅力は、国内のものだけでなく、旧ソ連のアイテムや北欧の雑貨もあって、わりとリーズナブルなところ。こういうのは一期一会だからと自分で言い訳しながら、思わず財布の紐が緩んでしまった。。。

ginzamag16_08ginzamag16_09ginzamag16_10

 

マーケットからさらに西へ進むと、興味がそそられる面白いエリアに遭遇。古い倉庫群を再開発した「テリスキヴィ・ローメンナック」には、インディペンデントでお洒落な雑貨ショップや古着屋、カフェ、ギャラリーなどが入っていて、エストニアの若者たちのプラットフォームのような場所。

ginzamag16_11ginzamag16_12ginzamag16_13ginzamag16_16ginzamag16_17
ここから新しいことが発信されているんだろうなーと、旧市街とは正反対なタリンのモダンでユニークな一面を垣間見た気分。進化の予感がプンプンしてて、なぜか嬉しくなっちゃう。
http://telliskivi.eu

三都市三様だったバルト三国。どの街もそれぞれ個性があって魅力的で、ごはんも美味しくて、治安もよく、いつの日か再訪したいと思える素敵な場所でした。大満足!(お天気以外は!!)

おまけ。

ginzamag16_18 ginzamag16_19 ginzamag16_20ginzamag16_21

とっても美味しくて、スタッフもフレンドリーだった、おすすめ度満点のレストラン「Rataskaevu 16」。レシートに手描きのラブリーなメッセージが! ラッキーにも予約なしで入れたけれど、すごく人気なので事前予約したほうがベター。


【番外編】バルト三国の旅 vol.1 “バルトの真珠”ラトビアのリガへ エディター天野志穂のLONDON 14

【番外編】バルト三国の旅 vol.2 歴史も文化も奥深い街、リトアニアのヴィリニュスへ エディター天野志穂のLONDON 15

【番外編】バルト三国の旅 vol.3 新しい発見がいっぱい、エストニアのタリンへ エディター天野志穂のLONDON 16

Ginza_WEB_ロンドン_天野さん
天野志穂

Shiho Amano
エディター&ライター。出版社の雑誌編集者だった2013年、ロンドンに住むチャンスに恵まれ、二つ返事で渡英。以降、フリーランスとして活動中。バルト三国の三都市は観光客がたくさん訪れるからか、どこでも英語でOK。だけど、せめて「ありがとう」くらいは、現地の言葉で伝えたいとカタコトで「ありがとう」を言うと、みんな嬉しそうに笑ってくれるのがとても印象的だった。やっぱりこれからも旅先では現地の言葉を少しでも覚えようと改めて心に誓った旅でした。