赤に恋して何度でも!女の子を一番きれいにする色  シャドウは「泣きはらした翌朝の赤」

うれしいことがあった日、大笑い、恋に落ちた瞬間。しあわせな女の子の顔は、いつだってほんのり赤色だ。 だから私たちは今日も本能のままに、その色に手をのばす。特別な赤の魔法にかけられたくて―。


gz11_090617_0250 (2)

泣きはらした翌朝の赤
辛いことがあったときこそ、赤のパワーが必要だ。 湿っぽさの残る瞼に赤のシャドウをぴたっと纏い、 悲しみに濡れた瞳はデュウイなツヤの海に沈めて。 医学的にも証明されている、人を強くする赤のちから。 恐れずに目を開けよう、新たな世界が待っている。
コート ¥126,000(エクスインフィニタス | ジェムプロジェクター)/Tシャツ ¥14,000(MARCOMONDE)/イヤリング ¥7,800(ケネス ジェイ レーン | アダム エ ロペ)


 

p224_2p224_1

: 純度の高いデュウイなツヤを求めて。どこまでも透明なリップグロスをシャドウの上からオン。手の甲に出して平筆にたっぷり取り、ワイパーをかけるよう目頭から目尻へと一気に広げて。やや硬めのものを選べばヨレにくい。
リップグロス ピュア Tear Drop ¥2,500(ADDICTION BEAUTY)

下: 泣き濡れた瞼が乾かぬうちに。深みを湛えた赤のシャドウは大きなチップに取り、アイホール全体にぴたっとのせる。色が鮮やかに感じられるまで幾度も重ねて。
アイオープナー R-07 ¥1,200(マリークヮント コスメチックス)

Photo: Saki Omi (model_io), Akiko Mizuno (product)  Styling: Yumeno Ogawa  Hair: Miki Sayuhda  Make-up: AIKO ONO (angle)  Manicure&Hand model: ASAKO Models: Yu Hirukawa, Ayumi Turnbull, Caroline Minomo  Text&Edit: Yukiko Ogawa

GINZA2017年11月号掲載