赤に恋して何度でも!女の子を一番きれいにする色 唇は奔放に「グラフィカルで自由な赤」

うれしいことがあった日、大笑い、恋に落ちた瞬間。しあわせな女の子の顔は、いつだってほんのり赤色だ。 だから私たちは今日も本能のままに、その色に手をのばす。特別な赤の魔法にかけられたくて―。


gz11_090617_0533
グラフィカルで自由な赤
皆が恋する色だから、誰かと同じじゃイヤだった。 唇をキャンバスに、私だけの赤を描き出そう。 想いのままに、自由に、グラフィカルに。こんな奔放さも 受け入れてくれるのだから、嫌いになんてなれやしない。 これが世界にひとつだけの、私と赤の恋のカタチ。
ジャケット ¥68,000、中に着たブラウス ¥36,000(共にリト)、ネックレス ¥20,000(ジュスティーヌ クランケ | 以上ザ・ウォール ショールーム)/ベルベットワンピース ¥48,000(ショウ クラシナ | MATT.)/ピアス ¥53,000(ズニデザイン | スティーブン アラン トーキョー)


p229_1

私たちの肌色に絶妙にマッチする朱寄りの赤。ここではあえて唇のエッジをぐるりと縁取るだけに留め、モダンなムードを極めた。もともとの唇のカタチにとらわれず、好きなシェイプを自由に紡いで。
YSLリップライナー 10 ¥3,300(イヴ・サンローラン・ボーテ)

Photo: Saki Omi (model_io), Akiko Mizuno (product)   Styling: Yumeno Ogawa   Hair: Miki Sayuhda   Make-up: AIKO ONO (angle)   Manicure&Hand model: ASAKO   Models: Yu Hirukawa, Ayumi Turnbull, Caroline Minomo   Text&Edit: Yukiko Ogawa

GINZA2017年11月号掲載