COVER STORY:GINZA12月号『ずっと着る服。時代はヴィンテージ。』特集

ブランドの最新作は
未来のヴィンテージ

今年の衝撃ニュースといえば、安室奈美恵さんの引退発表。特別に大ファンではないとしても彼女と共に人生を送ってきた実感のある方は少なくないと思います。ギンザが創刊された1997の彼女の結婚発表会見では、〈バーバリー ブルーレーベル〉のチェックミニスカートと黒のタートルニット、それにショートカットの清潔感が非常に印象的で、流行にもなりました。(ご存知ない方、「安室奈美恵 結婚会見」で検索してみてね)

時は流れ、201712月号のギンザ「ヴィンテージ特集」の表紙は、〈バーバリー〉の最新作です。ヴィンテージの味わいはとても愛おしいものだけれど、新作に触れたときの胸の高鳴りは、誰もが経験したことあるはず。それは決して古着にはない類のきらめきですよね。〈バーバリー〉といえば、言わずと知れたイギリスの伝統ブランド。そこが自分たちのアイデンティティとも言えるチェックやトレンチの、いいところはそのままに、ちゃんといまの時代に向けてアップデイトした洋服をリリースしています。これはもう、怖いものなし、ある意味ズルい(笑)。だって、ブランドとしてのヴィンテージを最新の形で手に入れて、自分自身の未来のヴィンテージにするお楽しみもついてくるんですから。

このように、「ヴィンテージ」と一口でいっても古着だけではない、過去、現在、未来を行き来するさまざまな形の洋服愛が詰まった1冊です。ぜひ手にとってみてください。(編集K)

GINZA 最新号(12月号)は、11/10(金)発売!

GINZA 12月号
スクリーンショット 2017-02-16 9.37.38amazon-btn