〈トルノ バイ ノイズメーカー〉で探す、12のコート・スタイル見本帳。好みや合わせ方で魅せる冬の個性

冬の主役といえば、満場一致で「コート」でしょ。好みも合わせ方も、そのチョイスは個性の見せどころです。“オール・メイドインジャパン”が魅力の〈トルノ バイ ノイズメーカー〉で探す、12のコート・スタイル見本帳。


noisemaker_ginza_1

キッズっぽくいく?
女らしくいく?

左: 昨年即完売したという噂のコートが今年も登場。ウエストからややフレアに広がるシルエットが、少年のようなチェスターに女性らしさをプラスする。コート ¥60,000、パーカ ¥13,500、キャップ ¥6,800(以上トルノ バイ ノイズメーカー)/その他*スタイリスト私物

右: ブランドが得意とするのが、こんな本気のマキシ丈。ビッグカラーをアクセントに、バイヤス生地でつくるダブル仕様。コート*ベルト付き ¥45,000、ビスチェ風シャツブラウス ¥22,000、チェックパンツ ¥27,000(以上トルノ バイ ノイズメーカー)/その他*スタイリスト私物


noisemaker_ginza_2

ラージ or エスプレッソ、
サイジングはどうなさいます?

左: イタリア「LeTinte」製の毛足の長いシャギーを使用。ぬいぐるみみたいなふわふわのボリューム感がなんともキュート。コート ¥55,000、スカート ¥27,500、ベレー帽 ¥8,300(以上トルノ バイ ノイズメーカー)/その他*スタイリスト私物

右: フォルムの美しさが際立つ、ミニマルなデザインのノーカラーコート。ジャケットのように気軽に羽織れる、ボタンレス仕様。コート ¥32,000、ロングジャケット ¥23,500(共にトルノ バイ ノイズメーカー)/その他*スタイリスト私物


noisemaker_ginza_3

シティ&ヒッピー、どっちのスタイルもクール!

左: ツイード×中綿の保温性抜群な1枚。レイヤードが楽しめる8.5分袖と、鮮やかなブルーのライニングも密かな自慢。コート*ベルト付き ¥51,500、キャップ ¥6,800(共にトルノ バイ ノイズメーカー)/その他*スタイリスト私物

右: すっきりとしたシングルのチェスターをベースに、コクーン型に仕上げたコート。美しい光沢感を持つ、シックなピンク色にもテンションUP。コート ¥45,000、エコファーベスト ¥28,000(共にトルノ バイ ノイズメーカー)/その他*スタイリスト私物


noisemaker_ginza_4

「甘め」と「辛口」、どちらがお好み?

左: まるでドレスのように広がる、ポンチョシルエットが新鮮なダッフル。暖かく、軽いメルトン生地に、留め具は本革使い。取り外し可能なフード付き。コート ¥56,500、ストール ¥12,000(共にトルノ バイ ノイズメーカー)/その他*スタイリスト私物z

右: 本格的なダブルブレストのライダース。柔らかく、ノンストレスな着心地は、贅沢に使用されたUKラムレザーの成せる技。ライダース ¥101,500、パーカ ¥13,500、スカート ¥16,000(以上トルノ バイ ノイズメーカー)


noisemaker_ginza_5

“宇宙”レス VS “時代”レス、時空を超えた対決!

左: タイダイ染めを表現した、レインボーカラーのエコファー。カジュアルに着こなせるショート丈に、隠しホック仕様のフロント。コート ¥33,000、パンツ*ガチャベルト付き ¥18,000(共にトルノ バイ ノイズメーカー)/その他*スタイリスト私物

右: 誰からも、どんな場面でも愛される、上品なキャメルカラーのコート。意外性のあるパープルの裏地もアクセント。コート*ベルトは付属しません ¥32,000、スカート ¥22,000、ベレー帽 ¥8,300(以上トルノ バイ ノイズメーカー)/その他*スタイリスト私物


noisemaker_ginza_6

真珠のような純真さも
素っ気ないくらいの無骨さも

左: ウエストマークしたときにも、美しいシルエットをキープすることを重視したデザイン。厚手インナーでももたつかない、バルーン気味の袖もポイント。カシミヤ混のウール素材。コート ¥46,000(トルノ バイ ノイズメーカー)/その他*スタイリスト私物

右: エレガントなショールカラーコートは、機能性の高い中綿入り。あえてどこか野暮ったいスタイリングで、バランスをとってみるのも楽しい。コート*ベルト付き ¥34,000、スカート ¥13,000(共にトルノ バイ ノイズメーカー)/その他*スタイリスト私物


 

問い合わせ
トルノ バイ ノイズメーカー
age-noisemaker.com
ZOZOTOWN

11/10(金)〜12(日)の3日間、kurkku homeにて新作内覧会を開催。実際に目で見て、商品を試すことができるこの機会をお見逃しなく!詳しくはHPにて。

Photo: Naoto Kobayashi Styling: Sumire Hayakawa (KiKi inc.) Hair: Yusuke Morioka Make-up: FUMIKO HIRAGA for SENCE OF HUMOUR Models: Helga K, Naomi, Naty, Yulia Novikova Graffiti&Word: DEADKEBAB Text&Edit: Kanako Uchida

GINZA2017年12月号掲載[PROMOTION]