「尻尾は口ほどにものを言う」- 〈リバティベル〉のファー付きショルダーポーチ – 今月のG´s STORY

リバティベルから、ファー付きショルダーポーチが登場です。色とりどりで、これは映える!

もちろんショルダーバッグなので、こんなふうにおしりにちょんとのせてばかりではないでしょう。でも、どこか動物の尻尾みたいなニュアンスがあるんです。ふわっとしたものが、ちょうどいいサイズで、まるで生えているかのように見えるからでしょうか。

こんな尻尾が生えてたら最高なんですけど。人間は尻尾を失ってしまいましたからね。尻尾ほしかったナーと、1日に2度は思います。サルのように器用に使うことができるなら、自転車のハンドルを両手で握りながら尻尾でアイスが食べられるし、ネコのようにバランスがとれるなら、オリンピックの各種競技の技の種類と精度がものすごいことになるでしょう。

それになにより、尻尾があるとコミュニケーションがより味わい深くなるのがよいですよね。

犬がよろこんでいる時、尻尾をブンブンふりまわすのは、最高にかわいいですよね。多くの動物は尻尾をコミュニケーションの道具として日常的につかっていますよね。

ファッションだってコミュニケーションツール。自分の気持ちを、着ているものに託します。そう考えると、ファッションと尻尾は近い!かもしれません。しかも気分にあわせてファー付きのバッグを選べるなんて、尻尾よりもずっと便利でカラフルですね。


取り外し可能なおっきなラクーンファーのチャームが、着こなしのアクセントに。Amazon Fashionは、30日間返品可能。自宅で自由にフィッティングを楽しめるメリットがあるので、買い物で失敗することもありません。H15×W18×D7cm 各¥17,000(リバティベル | Amazon Fashion   www.amazon.co.jp/fashion

Photo: Hiromichi Uchida Illustration: Yurikov Kawahiro Text: Gabin Ito Edit: Yu-ka Matsumoto

2017年12月号掲載