【INTERVIEW】博多大吉:リアリズムこそが道をひらく

─以前、『アメトーーク』の「オシャレって何なの芸人」に出られていましたが、服についてはどんな考えをおもちなんですか?

「僕、高い服が買えないんですよ。Tシャツなら3000円台、シャツで6000円台までですね。それを超えると『もったいない』と思ってしまって。金額的には買えるんですけど、昔の金銭感覚がずっと残ってるんですよね。(目の前に開かれたGINZAを見て)えっ、バッグで50万!?」

─まあ、ハイブランドなので……。

「袋でいいんじゃないですか(笑)!?」

─(笑)。ちなみに今日の服はいくらくらい?

「上の服はもらい物、中に着てるのはイオンで買った部屋着です。ズボンが6000円くらいかな……靴は嫁さんがネットで買ってくるんですよ。たぶん1万円くらい。だから、全部でだいたい2万円だと思います」

─お金をかけている趣味は?

「ゲーム&ウオッチやフィギュアが好きで集めてたんですけど、もう集まっちゃったんですよ(笑)。あと、これは趣味といえるかどうかわからないですけど、時間があいたときには秋葉原に行って、全部の価格を見てますね」

─好みに関係なく全部?

「SDカードとかパソコンとか……買わないんですけどね。『ハードディスク、最近安くなったなあ』とか。あと、レンタルショーケースのお店をのぞいて『こんなものでお金を稼ごうとしている人がいるのか……』と思いながら帰るという(笑)。秋葉原はよく行きますね。一番楽しいかもしれない」

─この春で東京進出10年目ですが、振り返ってみてどうですか?

「10年前は、相方(華丸)が行きたいと言うので上京したんですけど、僕は嫌だったんですよ。『売れるわけない』と思ってたから。でも上京した年に、相方がとんねるずさんの番組で(児玉清の物まねで)売れたので、そこからは順調に来てると思います。いま、レギュラーが10何本もあるんですけど、たぶん皆さんにはあまり知られてないですよね?」

─そんなに多かったとは……。

「知られてないということは、うまいことコソコソやれてるんだなと(笑)。でも、こんな異常な時期は長くは続かないですよ。もし周囲が続けさせてくれたとしても、体のほうがもたないでしょうし。『この状況でちゃんとやれるのは1、2年しかない』と思ってますね。だから今はとりあえず突っ走るしかない……いまカッコいいこと言いましたけど、自分が大吉であることを忘れてましたね、すみません(笑)」

─では、大吉さんの考える「理想的な仕事のペース」とは?

「コンビで『アメトーーク』を年4回、『タモリ倶楽部』を年2回、あとは劇場と営業の仕事。『アメトーーク』は影響力のある番組ですし、『タモリ倶楽部』は時間差で全国放送されてて、地方局の人がよく見てるんですよ」

─回答がやたら具体的ですね。

「すみませんね、夢のない話で(笑)」

─でも、その「夢のなさ」が大吉さんらしいですけど。

「いろいろ見てきましたからね。頑張りすぎて息切れする人とか。やっぱり、『飽きられたらどうするんだ』というのが常にあるんですよ。僕ら長いことやってるので、引き出しがだいぶ空っぽなんですよね。相方の物まねのレパートリーだって、川平慈英さんと児玉清さんの2個だけですから(笑)。それだけで10年くらいやってるんですよ。そろそろこの単純な手品のトリックもバレかけているので(笑)、今年は新しいトリックを考えていこうと思います」

博多大吉 Daikichi Hakata

1971年、兵庫県生まれ、福岡県育ち。お笑いコンビ「博多華丸・大吉」のツッコミ担当。1990年のコンビ結成以来、福岡を中心に活動していたが、2005年に東京進出。コンビとしてもピン芸人としても人気を上げながら、14年には年間最強の漫才師を決める大会『THE MANZAI 2014』で見事優勝。お笑い界きってのプロレス通としても知られる。「GINZA読者へすすめたい団体は、新日本プロレス、ドラゴンゲート、DDTですね」

Photo: Shota Matsumoto Text: Takahiro Maeda

GINZA2015年4月号掲載