ブックレヴュー「本のよもやまばなし」編集KSお気に入りのおいしい7冊

食べ物について書かれた本が好きです。ドキュメンタリーでもエッセイでもレシピ本でもなんでも。その中からお気に入りの7冊をご紹介します。台所にも本棚(というかワゴン)があり、レシピ本だけ収納しています。その話はまた今度。

 

IMG_5343

 『ことばの食卓』武田百合子
甘汁でべたべたになった指をなめつつ枇杷を食べたあの日の記憶。亡くなった旦那さん(作家の武田淳氏)のことを「枇杷と一緒にあの人も食べちゃったのかしら」。そんな風に表現できるなんてうらやましいような少し怖いような。

 

IMG_5344

『そうざい料理帖 巻一』池波正太郎
美味しいもののインスピレーションの宝庫。有名な「白瓜のサンドウィッチ」を知ったのもこの本で。薄い食パンにバター。そこに、軽く塩ふってもんだ白瓜を挟む。ああ白ワイン泥棒。この季節になるとスーパーの売り場で白瓜を探してしまいます。

 

IMG_5345

『わたしの献立日記』沢村貞子
毎日の献立をただ記しただけ。なのに想像がふくらんで楽しい、昭和の女優の食卓四方山話。たとえば昭和61年8月11日 月曜日 すずきのあらい/里芋とこんにゃくの田楽/たたみいわし/枝豆と大根おろしの酢の物/とろろ芋の千切りの味噌汁。たまに<お客様 中華 出前>なんて走り書きも。そういえば子供の頃給食の献立表を暗記していたっけ。

 

IMG_5346

『土を喰う日々』水上勉
信州の山里、晴耕雨読の日々。息をするように料理をする姿がかっこ良すぎる。文中に登場する胡桃の木のすりこぎ。食材に甘い木の香りが移るという。私もどうしても欲しくて、旅先の道の駅でみつけたときはガッツポーズ。

 

IMG_5347

『十皿の料理』斉須政雄
三田の名店「コートドール」で初めてしそのスープを、赤ピーマンのムースを味わったときの爽やかな感動は忘れられません。数々の名レシピがどうやって生まれたかが書かれています。レシピは料理人にとって苦労して生んだ子供のようなもの。記憶と味覚と発想を総動員した複雑な設計図から、研ぎ澄まされた一皿が完成するプロセスを知るのはとても面白い。

 

IMG_5348

『文士厨房に入る』ジュリアン・バーンズ
「(レシピ本に出てくる)中くらいの玉ねぎってどのくらいの大きさなんだよ説明せいウぐワぁ★*☆※□!」ごはん作りにはまったブッカー賞作家が料理の“当たり前”に包丁じゃなくてペンで斬り込むエッセイ集。こんなに理屈っぽい(失礼)料理エッセイは読んだ事がないです。「旅先で食べた魅惑的な郷土料理のレシピ本は買ってはならない」#もっと早く言って  #特に大型の豪華本  #うちにいっぱいある

 

IMG_5350

『COOKED』マイケル・ポーラン
体当たりでとことん踏み込むフードジャーナリスト、マイケル・ポーラン氏。『雑食動物のジレンマ』を読んでからファンに。上巻は火と水、下巻は空気(発酵ね)と土がテーマ。人類がグルメを享受できるのはこの4つの偉大な調理法を操る術を身につけたから。氏の仰せの通り寒い冬の日に鍋の前に椅子を置いて煮込み料理の章を煮込み料理を作りながら読んでいたら、あら不思議!とっても美味しくできました。
ではまたお会いしましょう。

編集KS

この夏初めて北陸新幹線に乗って帰省しました。座席間も広く快適。週刊文春と駅弁を抱えて乗り込み、新幹線が静かに動き始める瞬間が好きです。