肌トラブル解決のカギは「毛細血管」の強化にあり 体内美活2019 vol.2

肌トラブル解決のカギは「毛細血管」の強化にあり 体内美活2019 vol.2

欲張りな私が手に入れたいのはどんなときも揺らがない、メイクで隠す必要さえない本物の美しさ。だから体の内側から 偽りのないきれいを目指そうと決めた。4つのキーワードを軸に、細胞から美のレベルをぐぐぐと上げる方法、探ります。

美のライフライン〝毛細血管〟を
増やして艶肌ビューティに。

栄養バランスに気を配った食事もサプリも、それを運ぶ〝橋渡し役〟がなければパワーを発揮できない。先端の医学の研究で注目され、美と健康の最前線としてフィーチャーされるようになったのが毛細血管。栄養分のほか酸素やホルモンを全身の器官の細胞に届け、不要となった二酸化炭素と老廃物を回収する役回りを担っている。さらに病原菌が体内に侵入した際には、トラブルが起きているパーツに免疫細胞を送り込んで戦わせる働きも。そんなスーパー功労者・毛細血管だけれど、不摂生やエイジングによって空洞化したり、消失してしまうことがわかっている。もしも毛細血管が機能しなくなったら、細胞は栄養不足と毒素の充満で悲鳴を上げ、肌があれて顔がむくんだり、目の下のクマやニキビが治らなくなったり、髪が薄くなったり……トラブルが続発し一気に老け込んでしまう(大きな病気につながることも)!

どうしたら毛細血管を強化し、増やすことができるのか?血が巡っていないと毛細血管を構成する内皮・周皮細胞がほころび血管自体が退縮してしまうので、適宜、末梢にまで血流を行き渡らせることが最善策に。ストレス社会に生きる私たちは交感神経が優位に働く時間が長いせいで血管が収縮する傾向にあるから、副交感神経を優位に働かせて血管を緩めたい。横隔膜を大きく動かすイメージで腹式呼吸を行うと効果的。またシナモン、ルイボスティー、ヒハツといった毛細血管を強化する効果が認められた食材をチャージしたり、5分ほどの筋トレと20分ほどの有酸素運動(ウォーキングなど)を組み合わせて行うのも有効。

最後に毛細血管のコンディションをセルフチェックする方法をご紹介。人さし指の爪を逆手の親指と人さし指で5秒間強く圧迫してみて。挟んだ指を離した後、白っぽく変色した爪が2秒以内に赤くなれば末梢にまで血液が巡っている証拠。逆に2秒以上かかった人は、毛細血管のゴースト化が始まっている可能性もあるのでご用心!

毛細血管に活力を与える
ホームケアプロダクト

①内側から巡る体を作るサプリ&ティー

②フェイス周りには炭酸の刺激を

③重炭酸イオン入浴剤で全身に喝!

ADVISOR

根来秀行さん

ねごろ・ひでゆき=医師・医学博士。ハーバード大学・パリ大学医学部客員教授。本テーマと関連する著書に『ホルモンを活かせば、一生老化しない』(PHP研究所)がある。本項関連著書に『「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)、『超呼吸法』(KADOKAWA)。

vol.1はこちら

Photo: Nico Perez (KiKi inc.)〔image〕/Satoshi Yamaguchi〔still〕 Model: YOKO LEE Styling: Maiko Kimura Text & Edit: Chihiro Horie

GINZA2019年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)