SEARCH GINZA ID

彼女のベースメイク手帳3 フォギー肌を作るアイテム

彼女のベースメイク手帳3 フォギー肌を作るアイテム

ベースメイクで印象も似合う服もがらりと変えられるって知ってた?しかも下地とファンデーションの〝ベストコンビ〟とか、プラスすべき絶品を 見つけられれば、コーヒーをカスタムするみたいにイージーに、いろんな 肌質になりきれる。さて今日は、何を選んでどんな肌の〝彼女〟になろう。


キュートを装いたい日は マシュマロみたいな〝フォギー肌〟。

ソフトフォーカスがかかったみたいにふわふわしたフォギー肌って、可愛いしアンニュイだし、スキントーンだけでおしゃれを語れるから便利。ヴィンテージライクな格好にもロングのドレスにもはまって、エッジまでプラスしてくれる。メーキャップは、アラが見えないベース作りから開始!毛穴カバーが得意な下地や保湿力が高いプロダクトをなじませて、まず素肌のヘルシー度を上げておく。ニキビ跡なんかがあればコンシーラーで隠しておくのも忘れずに。で、肝心な〝ふわ感〟はフィニッシュのパウダーでメイク。大きなブラシを使って顔の中心から外へ、空気も一緒に纏うつもりでほわんほわんと漂わせて!

 

【BASIC COMBI】

艶×マットで“リアル”を超える!?
根本からしっとり肌に整えつつグロス感も加えられるケアクリームと、マットなルースパウダーの相乗効果にご注目。クリームの“発光”をお粉のソフトフォーカス効果でボカすことで、アプリでレタッチした後みたいなリアルを超えたドリーミー肌へ。


左から
ランタンポレル ブロッサム クリーム コンパクト ¥8,800(パルファム ジバンシイ〔LVMHフレグランスブランズ〕)
フェイス パウダー マット カラレス ¥4,500(シュウ ウエムラ 03-6911-8560)


ロングラスティングの最強タッグ。
もふっとしたシリコン入りのベースで毛穴やデコボコを埋めるように補正してから、皮脂吸着パウダーを含んだ薄ピンク色のお粉でコーティングしたら……つるんと滑らか!長時間たってもくすまず色ムラにならない、“長持ちフォギー肌”が誕生。

左から
メイクアップフォーエバー ステップ1 スキンイコライザー 230ml ¥4,900(LVMHコスメティック)
セッティング パウダー ¥5,000(ポール&ジョー ボーテ 0120-766-996)


洋菓子みたいな“甘肌”、作れます。
まずはスキンケア成分だけで素肌のトーンを調整してくれるモイストクッションを投入。均一に整ったら、アラをカバーし、白く柔らかな質感を演出する微粒子パウダーをはらり。血色感がほんのりと漂って、いちごマシュマロみたいな甘めルックに。

左から
カプチュール ドリームスキン モイスト クッション SPF50/PA+++ 000 ¥8,500*クッション2個入(パルファン・クリスチャン・ディオール 03-3239-0618)
プレスト パウダー SPF25/PA++ 01 ¥2,500、ケース ¥5,500(共にレ・メルヴェイユーズ ラデュレ 0120-818-727)*共にモデル使用

【ADD THIS!】

上の組み合わせにプラスして、さらに好きな肌にカスタムできるアイテムはこちら。

ニット ¥20,000(ロペ エターナル │ ロペ エターナル 0120-298-133)/タートル ¥19,000(フミカ_ウチダ │ クリフ 03-5844-6152) ピアス ¥55,000(シャルロット シェネ │ エドストローム オフィス)/リング 右手人さし指 太 ¥118,000、細 ¥80,000(共にシハラ │ シハラ ラボ 03-3486-1922)

Photo: Naoto Kobayashi(model), Satoshi Yamaguchi(object) Styling: Megumi Yoshida Hair: TAKAI Make-up: DAKUZAKU(TRON) Model: Mizuki Kano Text&Edit: Chihiro Horie

GINZA2018年10月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)