お疲れモードさん、寄っといで。水曜美容部、発足!

女には毎週曲がり角がやってくる。それは肌も心も疲労が溜まる”谷”の日、水曜日。週末にのんびりお手入れをするから大丈夫? いえいえ。水曜にしっかり手入れをしたら持ちが違うという調査結果もあるんですって。頼りになるコスメを持って集まって、ビューティキャンプのはじまりだよ!今月とっておきのコスメを教えてくれたのはこの4人──


Keiko Suzuki
GINZA エディター

ビューティキャンプ Keiko SUZUKI

色のパワーと、超ハイブリッド美容液の二本立て

春からデジタルチームの班長になった鈴木が選んだのは、「プロダクトの完成度としてこんなに美しいコスメはない」というシャネルと、いまエディターの間で話題のエックスリュークス。「水曜は息切れしてしまい、食事を作るのもしんどいことも。木曜になれば、あと2日乗り切れば週末だと再び元気が出るんだけど」。水曜を乗り切るためのマイルールは、あえての”朝残業”。「普段より1時間早く出社。静かなオフィスで黙々とデスクワークします」

シャネル
シャネル イエロー ビューティーキャンプ ネイル

大人の指には難しそうな黄色も、〈シャネル〉の手にかかればこんなにエレガントに。「へろへろに疲れて沈んだ日、引き寄せられるように目に入ってきたこの色を塗って出かけてみたんです。地下鉄に揺られている朝も、スマホでメールチェックしている午後も、心が弾んで嬉しくなった。私は私をちゃんときれいにしてるじゃないか、まだまだ頑張れるぞ、と。色の効果に背中を押され、週の後半を乗り切れたのでした」ヴェルニ ロング トゥニュ #952 ジャロ ナポリ(私物

〈エックスリュークス〉

XLUXES ビューティーキャンプ コスメ

「仲良しの編集者がある日言ったんです。私、もうエックスリュークスだけでいいかもと。えーなになになんなの?ということで買ってみたのがこの美容液。ヒト幹細胞培養液の急先鋒とでも呼ぶべき多機能ぶりで、ハリ、ツヤ、潤いが満タンに補給される感じがひしひしと。注射器型のリッチな容器も、スペシャルな気分になります。ただしお値段は1万円超え(10回ぶん)ゆえ、水曜日に大事に使っています」XLUXES プロケア リバーサルセラムW(私物)


Hisako Kawabata
GINZA 副編集長

GINZA エディター 

とにかくマシンに頼りたい、のです!

はじめまして。美容担当になってから干支がひと回りした川端です。アラフォーも板についてきたので、金曜よりも水曜の時点で、すでにお疲れ顔マックス!しかもお酒をほぼほぼ毎日飲んじゃうもので、むくみがち。ハイテクマシンに頼らないと、もはや1週間乗り切れない。そんな私のために、この時代に生まれてよかった、と思えるほど、進化したマシンが続々登場。いい!と思ったものは続けて使うのがセオリー。そこで、きちんと効果を出してくれる頼れる相棒をご紹介。

パナソニック

パナソニック

実はこの2代前のモデル(脱毛機能のみ)を愛用してました。脱毛だけでなく、毛穴もキュっと引き締まり、膝下の毛穴もつるん、憧れのモデル脚的な肌感になるので、いまや手放せないマシンのひとつ。今回バージョンUPしたと聞き、早速使ってみると、肌に当てるだけで、連続発光2回のピピっというハイパワー感。なんとボディだけではなく、顔に使えるということで使ってみたところ、肌がツルリ!目に見えない肌の奥の細胞たちがビシっと姿勢を正したような感覚に。水曜の肌の喝入れに!光エステ ES-WP80

ドクター シーラボ

ドクターシーラボ

朝、「むくんでるなー」と思うとき、拳でマッサージするとゴリゴリした岩のようなコリが! 忙しくなると、お酒の量も増え、どんどん顔が肥大化する恐怖におののきはじめた 昨年、教えてもらったのがこのエステアップV。超音波とEMS機能によって、顔の筋肉が刺激され、あらぬ方向にピクピク動く。老廃物がデトックスされている実感もあるうえ、翌朝、パチっと目が開けられるので、むくみケアに打ってつけ。週末の飲み会もお疲れ感を感じさせない顔に。軽くてコードレスなので旅にも必携。エステアップV

 


Motoko Kuroki
GINZA エディター

水曜夜のバーム美容

GINZAビューティ班となってはや一年半の黒木。「週明けに進めようとしていた案件のことを考えると『もう水曜!?』、週末を思うと『まだ水曜…』。良くも悪くも、水曜日ってチューニングの日ですよね」。週の後半戦をサバイブするために選んだのは、こっくりテクスチャーでのケア。「バームって、さらっと使えるものじゃない。でも、だからこそ、自分をいたわる時間を改めて持てる気がします」。フェイスとボディを磨きあげる2品を挙げた。

イプサ

イプサ

誰かがゴマをまぶしたのか?と思うほどの、小鼻の黒ずみ毛穴が今夜の対戦相手。「〈イプサ〉のペアはとても頼りになる味方です」。まずはバームで「ゴマよなくなれ~」と念を込めながらマッサージ。これで角質が溶ける。さらに、ローションで角質が溜まりにくい肌を作る、2ステップ仕立て。「何度か使うと、本当に、黒いポツポツがすぅっとなくなっていくんです!嬉しくて嬉しくて、リピートしています」。イプサ   ポアスキンステップス(私物)

〈ロジェガレ〉

ロジェガレ

コロンとした丸缶に、薄いピンク×黄緑という、多幸感溢れる色彩。「ボディケアはとかくサボりがちなので、手を伸ばしたくなる見かけも大事かなと。あと、バームってやや硬いものが多いけれど、これはふわっと柔らかなテクスチャーなのもいい。体中に優しく伸び広がって、ノーストレス。そして甘く華やかなフィグの香りが立ち上り、うっとりしながら眠りに落ちるんです」。ロジェガレ フィグパフューム ボディバーム(私物)


Kaori Nakamura
GINZA エディター

GINZA エディター

赤のルージュが際立つ、高濃度ホワイトニング

GINZAデジタル班でビューティ、メンズ、ホロスコープを担当する中村。日々ブルーライトを浴びまくる影響からか、顔色がくもりがち。そんなぼやけた顔をシャキっと変えてくれる赤のルージュは必需品。その赤を際立たせる歯のホワイトニングにハマり、色々な商品を試行錯誤繰り返しようやく辿り着いた日本未発売2つの強力オーラルキット。「コーヒーを嗜食する私は、もはや週末だけでは物足りず、週の折り返しに集中メンテ。先日夜道でほろ酔いの友人から歯が光っている!と、叫ばれた成果あり」

〈スーパースマイル〉

SUPERSMILE

歯科衛生士に進められたホワイトニングの歯磨き粉「スーパースマイル」。歯を白くするというより、白くした歯をキープしてくれる。歯のくすみを除去してくれるスーパースマイルと、歯を漂白するスーパースマイルアクセラレーターのダブル使いでステインをなかったことに。少しお高めだけど、少量で十分効果があるのでコスパも悪くない。数分の習慣でホワイトニングができるので、面倒くさがり屋の方にもいいかも。プロフェッショナル ホワイトニングシステム(私物)

〈ティースホワイトニングキット〉

TEETH WHITENING KIT

抜群のホワイトニング効果を発揮する「ホワイトニングキット」。オフィスホワイトニングであまり効果を感じなかったときに、50代男性編集者の歯の光を目撃し突撃取材。海外から取り寄せているという同じ商品を注文。届いた「日本未発売の高濃度44%のホワイトニングジェル、LEDライト、マウスピースのKIT」を毎週、日曜と水曜に湯船に浸りながら30分装着。鏡でみると透明感が復活!おこもり型の私にはぴったりのながらホームホワイトニングキット。(私物)

Photo:Hiromi Kurokawa