ニッポン美人化計画:「日本人には、日本人の顔立ちに似合うメイクがある」とのUDAさんの持論がよくわかる一例を。素顔が引き立つ仕上がりです。

ニッポン美人化計画:「日本人には、日本人の顔立ちに似合うメイクがある」とのUDAさんの持論がよくわかる一例を。素顔が引き立つ仕上がりです。

今回は「日本人には、日本人の顔立ちに似合うメイクがある」
とのUDAさんの持論がよくわかる一例を。
素顔が引き立つ仕上がりです。

中に着たタートルニット ¥28,000(ジョン スメドレー | リーミルズ エージェンシー)/シャツ ¥39,000(マリ マロ)、スカート ¥38,000(アナログ ライティング | 共にディプトリクス)/ピアス ¥24,000(リー・ヘイル | ソウス)


 

今月のミューズが生まれるまで
中松咲乃さん

中松咲乃さん

モデル志望

2016. 12. 11 at Shirokanedai Photo: UDA

 

刈り上げのショートボブにシックな色使いのメイクで撮影現場に現れた中松さん。

「ロカビリーテイストのはっきりした好みをもっていて、ヘアメイクでクリアに表現できている人。強い打ち出し方にも個性を感じました。セルフメイクは、どちらかというとなりたい要素をプラスして、違った自分をつくる方向。だから今回はあえて、素の自分を生かす方向にトライしてみました」(UDAさん) 

中松さんの端正な目鼻立ちを生かし、日本人のもっている〝静けさ〟という強さを突き詰めながらメイクを組み立てていく。

「最初に選んだのは、柿色のアイカラー。丸みをつけずに四角く広げることで、甘さを排除し、スッとした目元を際立たせます。全体的には渋くなりすぎないよう、眉に赤みを足して今どきの雰囲気を入れたり、羊羹のような色合いの口紅で色気も感じさせたり。普段の彼女からかけ離れすぎず、気持ちにフィットさせるための工夫も施しています」(UDAさん)

gz02_ginza_IMG_3702-10(lzw)

gz02_ginza_IMG_3721-10(lzw)

 

セルフメイクはすべてオフ。ベースはまず、ポイント的な肌の赤みをコンシーラーでカバー。全体は、フェイスパウダーで薄く透明感のある質感に整え、自然な血色をプラスする。柿色のアイカラー(4)は、上瞼の目の際から塗り始め、眉側へ向かって幅広になる台形に塗る。目の際には赤み寄りのブラウンペンシルでラインを引き、くっきりさせすぎない程度にフレームを強める。睫毛には黒のマスカラ。カールせず、睫毛をあえて下げながら塗る。アイブロウは、グレーのパウダーとペンシルでベースを描き、全体的に赤茶(3)のパウダーをまぶす。リップメイクは、ほのかなツヤの(1)、ネイルは薄墨のような色づきの(2)をセレクト。

ニッポン美人化計画:「日本人には、日本人の顔立ちに似合うメイクがある」とのUDAさんの持論がよくわかる一例を。素顔が引き立つ仕上がりです。
1

シアーでつややかな色づきの黒口紅。ルージュ ココ シャイン #128 ¥3,900(シャネル)

ニッポン美人化計画:「日本人には、日本人の顔立ちに似合うメイクがある」とのUDAさんの持論がよくわかる一例を。素顔が引き立つ仕上がりです。
2

クリアな黒。重ね使いで深みをプラス。ル トップ コート タンテ ¥3,200*限定発売中(シャネル)

ニッポン美人化計画:「日本人には、日本人の顔立ちに似合うメイクがある」とのUDAさんの持論がよくわかる一例を。素顔が引き立つ仕上がりです。
3

繊細な質感のパウダーカラー。赤みを帯びたパール入り。シマリングカラーヴェール ステートメント #13 ¥3,500(THREE)

ニッポン美人化計画:「日本人には、日本人の顔立ちに似合うメイクがある」とのUDAさんの持論がよくわかる一例を。素顔が引き立つ仕上がりです。
4

マットな質感。ザ アイシャドウ #クラウン インペリアル ¥2,000*限定発売中(アディクション ビューティ)

UDA

メイクアップアーティスト。雑誌・広告のファッション&ビューティ、女優やアーティストを担当するほか、舞台のメイクプランニングも手がける。本企画ではモデルハントからディレクションまで全体を統括。緻密な理論に基づく技は日々進化中。


美人化モデル募集中

ページに登場してくれるモデルさんを募集しています! お名前・住所・電話番号・年齢・職業・一言メッセージと、すっぴん&お気に入りの服を着たスナップ(上半身)各1枚をメールでお送りください。ginza.bijinka@gmail.com


SHOP LIST▶

MAKE-UP:UDA
PHOTO: Shunya Arai (YARD)
STYLING: Itsumi Takashina
HAIR: KANADA (lake tajo)
Text: Ryoko Kobayashi

《過去の記事はこちら》

ニッポン美人化計画:この春気になる、きれいな色や輝きのある質感。自分のキャラとは違っていても、ベースの仕込みでしっくり似合います

ニッポン美人化計画:「日本人には、日本的な感覚のメイクこそ映える」。そんなUDAさんの考え方を投影した仕上がりに注目。

ニッポン美人化計画:コンサバなんてあり得ない? いいえ、ポジティブにとらえて生かしていけば、ここまでモードに仕上がります。

ニッポン美人化計画:女っぽさはワンポイントで感じさせる。“新しいフェミニンの形”を発見!

ニッポン美人化計画:色は使いたいけど、派手になりたいわけじゃない! ポイントは、ベースの作り方と色の組み合わせでした。

ニッポン美人化計画:強く揺るぎないマインドに合わせたしっとり大人のメイク

ニッポン美人化計画:主張のある赤みを、ナチュラルに目元に。熱っぽいムードが生まれました。

ニッポン美人化計画:スウィートとクールを共存させた昔テイストのメイク

ニッポン美人化計画:スパンコールをメイクパーツとして取り入れた個性派メイク。光と闇、両極端のエッセンスを表現

ニッポン美人化計画:ひと味違うレトロメイク。“昔っぽさ”に、オリジナリティの ある魅力を発見!

ニッポン美人化計画:ナチュラルで印象的なメイクとは?グレーやブルーの個性的な色使いに注目

2017年2月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年8月号
2019年7月12日発売

GINZA2019年8月号

No.266 / 2019年7月12日発売 / 予価880円(税込み)

This Issue:
映画&ドラマ
物語のある夏

映画&ドラマ鑑賞で
刺激的な夏を

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)