SEARCH GINZA ID

人も地球も健やかに。日本ブランドのスキンケア、カラーコスメ、ボディケア

人も地球も健やかに。日本ブランドのスキンケア、カラーコスメ、ボディケア

少し前まで海外コスメが中心だった日本の市場に、独自の視点で取り組む新しいブランドが次々登場。今後の展開も期待大な、フェイシャル、ボディ、メイクアップ。


Skin Care
スキンケア

肌に対する機能性と安心を、兼ね備えたもの

人も地球も健やかに。日本ブランドのスキンケア、カラーコスメ、ボディケア Skin Care

1. ARGELAN
国産植物原料を使うことで地方創生を目指すアルジェラン。フルーツジュース製造後に捨てられてしまう素材からオイルを取り出すなど、アップサイクルにも力を入れている。高知県産のKAYAオイルなどさまざまな植物オイルをプラスし、保湿力がアップ。左から アルジェラン モイストリップスティック ネロリ&ベルガモット/ラベンダー&クラリセージ 各4g ¥658(マツキヨココカラ&カンパニー)

2. SHIRO
製品を作る工程で発生する副産物や品質に問題はなくとも見た目などで規格外処分されてしまうものを優先的に使用。高齢者の収入増加につながる原料を仕入れたりパッケージレスでの販売をスタートするなど施策は多岐にわたる。上から 水分をたっぷり抱え込むとろみ成分を利用。がごめ昆布美容液 60ml ¥5,868、クリームのようなリッチな使い心地。タマヌクレンジングバーム 90g ¥6,935(シロ)

3. SELALY
メイクアップアーティスト松井里加氏によるブランド。奈良県宇陀市の有機にこだわる「山口農園」と契約し、キーである大和当帰をはじめ、甘茶などの無農薬ハーブ抽出まで行っている。焼却処分時に発生するCO₂を大幅に削減できる、グリーンナノボトルを採用。3Dヒアルロン酸が皮膚を引き締め、ひと吹きでハリのある肌に。ルミヌ グロウ ミスト ローション 150ml ¥4,950(セラリー)

4. NEMOHAMO
その名の通り“根も葉も”丸ごと活用。さらに茎や花、実もエキスとして取り入れ、無加水で製造。自社や契約農家で栽培した農薬不使用の植物をもとに、空き容器の回収、再資源化可能なガラス容器の採用、商品説明は化粧箱の中面に印刷するなど、生産から梱包に至るまで抜かりなし。和漢植物オタネニンジンの力で、やわらかくなめらかな素肌に。ブースターオイル 30ml ¥6,380(NEMOHAMO)

5. ON&DO
長崎県五島列島の里山を整備し直し、製品のもととなるヤブツバキを約2万本育成管理。葉、花、枝、実、すべてからスキンケア成分を採取している。FSC認証を取得した紙パッケージは、糊を使わず組み立てることで再生率がアップ。オイルとエキスをシェイクすると美容液状に変化する化粧水。肌を温める独自の「温酵母」を配合。リファイニングローションⅠ 150ml ¥7,700(MTG)

6. MITEA ORGANIC
コスメキッチンとファミリーマートが手を組んだオーガニックなプチプラコスメが誕生。2000円以下なのに美白やシワ予防もできる機能性の高さに加え、輸送箱をそのまま紙什器にするなど柔軟な発想が光る。オーガニックブナエキスを共通配合。左から リンクル セラムオイル 50ml ¥1,991、リセットセラムリキッド 100ml ¥1,848、クレンジングセラムオイル 120ml ¥1,848(ミティア オーガニック)

 

Color Cosme
カラーコスメ

旬の色を楽しめるサイズとケース素材の工夫

人も地球も健やかに。日本ブランドのスキンケア、カラーコスメ、ボディケア Color Cosme

7. 7NANATURAL
今年デビューした、天然由来成分100%にこだわる新ブランド。目、唇、頰にOKなスティックは、約5cmと使い切れる超ミニサイズで展開し、コスメロス対策もばっちり。使用済み容器の回収・リサイクルも行っている。 7色すべてが入ったミニサイズパレット。カードレベルの薄さで持ち歩きに最適。ブラシはあえて付属なし。カラーパレット ¥1,500  自在に使えるマルチアイテム。左から: カラースティック 04キ/07ナナ/05アカ 各¥2,500(ナナチュラル)

8. CELVOKE
ラメ入りのシャイニー、鮮やかなメイン、陰影を与えるディープと3つのカテゴリーでリニューアルしたシングルアイシャドウ。新たな取り組みとしてパッケージに竹とバガス(搾汁後のサトウキビ)100%で作られた「ファインフォーミング パルプモールド」を採用。3〜5年で成長する竹は、伐採した切り株からまた生えてくる再生力の高い素材。金具不要で蓋ができる設計!右上から時計回りに ヴァティック アイズ 10/02/05/07 各¥2,200(セルヴォーク)

 

Body Care
ボディケア

自然生まれの気持ちよさで、全身をみがき上げる

人も地球も健やかに。日本ブランドのスキンケア、カラーコスメ、ボディケア Body Care

9. CHRONO CHARME

北海道余市町で作られる白ワインの醸造過程で出る廃棄物質をアップサイクル。不規則な生活で乱れた肌リズムを修復する「時計遺伝子」に働きかけるクロノシャルディという成分を、白ブドウの皮から抽出している。パッションフルーツ由来のエキスがむくみに働きかけるしっとりミルクと、NMFとセラミドが水分を長時間キープするハンドソープ。左から リノ クロノシャルム ボディミルク 300ml ¥5,170、同 ハンドウォッシュ 300ml ¥3,630(クロノシャルム)

10. ATHLETIA
「自分を大切にするように環境を大切にする」を理念とし、ブランドを象徴するアシタバとシソは、農薬や化学肥料フリーな循環型農園で栽培。エキスを抜き取った植物の残りカスは、堆肥としてリサイクルしている。ジュニパーべリーやグレープフルーツのすがすがしい香り。乾いた肌にも使える二層式ボディ用オイル。するっとのびた後、マッサージしやすいテクスチャーに変化する。デュアルエッセンス ボディオイル 01 100ml ¥6,600(athletia)

11. WAPHYTO
植物療法士・森田敦子氏が手がけるトータルライフケアブランド。愛知県の東三河を拠点に、土壌から生産者とともに作り上げた最高品質の植物を確保。パッケージはすべてリデュース、リユース、リサイクル、アップサイクルを徹底。くすみをケアするアーチチョーク葉エキス入り。濃密な泡で洗うだけでうるおいを与えるので、デリケートゾーンのケアが続かない人にも。インティメイト フォーミングウォッシュ 150ml ¥2,750(Waphyto)

Photo: Wataru Kitao Text: Kei Yoshida

GINZA2022年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2023年2月号
2023年1月12日発売

GINZA2023年2月号

No.308 / 2023年1月12日発売 / 特別定価880円

This Issue:
ファッション大好き324人が集合!
BEST STYLE SNAP!

新しい年が始まったね
ファッションスナップ!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)