では、ビューティの時間です。 ギンザレディのコスメラジオ Vol.1

では、ビューティの時間です。  ギンザレディのコスメラジオ Vol.1

あふれんばかりのコスメ愛を持て余す ビューティ・プロ3人がお届けする「読むラジオ」。「本当によかった」最新コスメを話のネタに、GINZAの誌面を文字ジャック!


ビューティライター AYANA
AYANA

化粧品メーカーで商品開発に携わっていた経験を活かし、アートやウェルネスの観点からも美容を見据えるビューティライター。近頃はヘアメイク・草場妙子さん直伝のアイブロウテクニックに夢中(本誌P.174)。アムラー時代の勲章・アーチ眉も今どきナチュラルに。

ヘアメイク ヒラガフミコ ヒラガフミコ

あらゆるメゾンの最新コレクションを把握。美容師としてサロン「TACCA」にも立つ、ファッション大好きヘアメイク。今月のビューティ的ヒットは美人な歯科医さんからもらった「SUPER SMILE」という歯磨き粉。1カ月で歯が白くなった!とその威力にゾッコン。

GINZA 編集クロ 編集クロ

よりよいコスメのリサーチに365日情熱を燃やす、GINZA編集部のビューティ担当。ヒラガ氏のサロン「TACCA」で出合った「GOOD BYE YELLOW」なるムラシャン(=紫色のシャンプー)で、ブリーチヘアを侵食する黄みを撃退。トレードマークの金髪に磨きをかける!


クロ(以下K) 読者の皆さま、こんばんは。「誌面ラジオ」を目指したこの連載もおかげさまで第2回。DJブースの購入を本気で検討するビューティ担当・クロでーす。

AYANA(以下A) クロさん、それはDJ違いでは。黒髪ロングがトレードマークのアネゴ系ビューティライター・AYANAです。

ヒラガ(以下H) 2人のボケとツッコミを生温かく見守る柔和系ヘアメイク・ヒラガです。さっそくですが、前回個人的にブームがキテると話してたカラーマスカラ。今の気分にジャストミートな逸品を見つけたんですよ!シュウ ウエムラのブロー アンリミテッド。カラーチョイスといい、発色といい、かわいすぎやしませんか?

シュウウエムラ マスカラ

 

ブロー アンリミテッド スパイキー イエロー*限定色/同 バブリシャス パープル/同 クラッシュド オレンジ 各¥3,400(シュウ ウエムラ 03-6911-8560)

K オレンジ、パープル、イエローなど、目にも鮮やかな全6色はインスタBAEしたい若者向けと思いきや、意外なほど顔なじみよし。しかもコレ、眉毛にも使えるんですね?

A ありそうでなかった眉毛にも睫毛にも使えるマスカラは、業界初と話題ね。眉と睫毛であえて違う色を組み合わせても楽しいかも。

K 奇抜になりそうでならない、洗練されたこなれ感がアーティストブランドの格の違いを見せつけましたね。ビューティシーンにカラフルさが戻ってきたこの夏は、リップにも心躍る彩りが続々です!

A クラランスのウォーターリップは蛍光ペンみたいなネオンカラーに胸キュン。文房具ラバーの私としては全色集めたくなっちゃうわ。

クラランス ウォーターリップ

ウォーターリップ ステイン 02/同 04/同 01*限定品 各¥3,000(クラランス 03-3470-8545)

H ヴィヴィッドな発色とトレンドのPVCを思わせる透け感を両立したのにホレボレ。やっぱり今シーズンは服もメイクも質感で遊んでナンボですから。

K なんでも〝キスされているつけ心地〟をイメージした質感らしいですよ。そして300回チュッチュしても落ちないという検証結果も!

A うわさのキッス、そんなにできるかしら……。

H ま、まあ、それくらい落ちにくいということで!プレイフルなカラーが波に乗る一方で、コレクションを見ているとヌーディフェイスにも再び注目が集まっているなと。ディオールのバックステージラインでつくるような、軽やかにアップデートされた夏仕様のヌード感が気分。

ディオール バックステージライン

ディオール バックステージ アイ パレット 002 ¥5,500*7/6発売、同 フェイス&ボディ ファンデーション 全21色 50ml ¥5,100(パルファン・クリスチャン・ディオール 03-3239-0618)

K ファンデーションはディオールお得意の揮発系のテクスチャーで、ツヤと陰影が肌に同時に息づく感覚。濃淡2色持っておけば、顔もボディも整形レベルにコントゥアリングできそう。

H なめらかにほどけるアイカラーはまるでショコラの詰め合わせのよう。ヌーディカラーにもこんなときめきを潜ませられるのは、世界中どこを探してもピーター・フィリップスだけ。

K 嗚呼、ピーター様、愛してる!……と言いつつ、アルマーニ様もラブなんですわワタクシ。新しい〈ネオヌード〉コレクション、平たい顔族にとってはまさに救世主なんですが。

ネオヌード コレクション

ネオヌード コントゥア、同 ハイライター 各¥5,200*6/6発売(ジョルジオ アルマーニ ビューティ 03-6911-8411)

H デー◯ン閣下のようにならずに自然に彫りを深く見せてくれるシェーディングはいまだにそうないですよ。絶妙な色気と品のあるパープルニュアンスのブラウンがいいネ!

A これを瞼全体に広げてさらに目頭にハイライトをのせると、なんだか顔が〝まとまる〟気が。ハイライトも旬のイエローニュアンスを秘めたツヤめきがキャッチーで実に美しい。

H 90sなシェーディングやハイライト使いがリバイバルしている近頃は、いかにフレッシュな光と影を仕込むかがモダンな顔づくりの秘訣ですから。このアルマーニはまさにうってつけ。

Photo: Satoshi Yamaguchi Illustration: Kenro Shinchi Text: Yukiko Ogawa

GINZA2018年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)