SEARCH GINZA ID

けだるさも演出できる、甘いだけじゃないピンクの可能性。もっと自由に春のメイクアップ vol.5

けだるさも演出できる、甘いだけじゃないピンクの可能性。もっと自由に春のメイクアップ vol.5

いよいよ新色シーズンが到来。暖かい季節に思いを馳せながら、どんなカラーやバランスを取り入れるべき? 人気メイクアップアーティストの村松朋広さんが提案。#もっと自由に春のメイクアップ


 

けだるいピンク

この春は、ピンクの振り幅を広げてみよう。アイメイクは下瞼に重心をおき、目元・チーク・唇でパーツによって色調の異なるピンクを選べば、甘いピンクとは一線を画す新鮮なルックが完成する。

 

【HOW TO】

上下瞼にピンクシャドウ(bの右側)をなじませ、下瞼のキワをボルドーブラウン(bの左側)で引き締めたら上瞼の中央と目頭にパーリーなクリアピンク(a)を重ねて立体感をアップ。チークはコーラルピンク(c)を頰骨に沿ってのせ、リップはベージュピンク(d)で落ち着いたニュアンスに。

Photo: Mitsuo Okamoto (model), Natsumi Kakuto (products) Styling: Mana Yamamoto Hair: Keiko Tada (mod’s hair) Make-up: Tomohiro Muramatsu (sekikawa office) Model: Suzi Text&Edit: Chie Yasui

GINZA2021年1月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年10月号
2021年9月10日発売

GINZA2021年10月号

No.292 / 2021年9月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
physical stores
ショップの実力

フィジカルストア
お店に行きたいのです!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)