YSLボーテの春の新作とは?トム・ペシュー氏のメイクアップショーに潜入

YSLボーテの春の新作とは?トム・ペシュー氏のメイクアップショーに潜入

Share it!

世界で活躍するメイクアップアーティスト、
トム・ペシュー氏のプレイフルメイク。

ファッション×メイクの楽しさを私たちに提案し、メイクアップアーティストとしてトップを走り続けるトム・ペシュー氏。そんな彼が10年ぶりに来日。昨年新たに就任したイヴ・サンローラン・ボーテのグローバル ビューティ ディレクターとして、春の新作発表会を開催。今回、特別にインタビューをさせていただきました!

 

──2019年春のコレクションはハッピーなパステルネオンピンクが印象的でした。

今回の新作のキーカラーは、春らしいパステルピンク。ただのピンクじゃなくて、ネオンのように輝くグリッター感を取り入れた。春らしいピンクをベースにプレイフルなメイクを楽しんでほしいという思いから、パレットにしたんだよ。このメイクパレット シマー ラッシュに入っている白とゴールドはハイライトに使ってもいいし、透明感があるからピンクに重ねて使ってもふわっと煌めく。実は、このブラシにも秘密があって。平筆になっているから、アイホールだけじゃなく、ブラシをたてて使えばアイライナーや目頭にも使える機能性にも注目してほしいね。

 

──ニューヨークやパリをはじめ、たくさんのショーでメイクも手がけられてますよね。

今シーズンは15くらいのショーに参加したよ。ショーはあくまでも洋服が主役。デザイナーのクリエイティビティを尊重し、あまりメイクで色を出さず、ブラックで強さを出し、パーソナリティーを引き出すよう意識してる。でも、メイクはカラーで遊びたいよね。だから、ボーテのコレクションをクリエイトするときはプレイフルを心がけてる。

 

──久々の来日はいかがですか?

日本の女性のメイクは見てるだけで楽しい。前回来たときは、仕事を終えたらすぐ飛行機にというハードスケジュールだったけど、今回は少し時間があるから、寿司を食べに行きたいな。

 

──世界中を飛び回る日々ですが、オフはあるんですか?

あるよ。ショーの合間に時間ができたら、友人、ニコラ・ドゥジェンヌ(ジバンシイ メイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクター)とごはんに行ったりね。

 

──最近行った国で印象的だった国はありますか?

最近だと、アラスカかな。普段は、パリやニューヨークなどのような大都市にいるから、カルチャーショックを受ける場所に旅して刺激をもらってます。知らない場所に行くと、その土地独特のカルチャーに出会い、刺激を受ける。その体験がすべてクリエイティブに生かされると思う。もしかしたら、次のカラーのインスピレーション源は、日本で食べた”ウニ“かもしれないしね!(ウインク付き!)

【HOW TO MAKE-UP】

チャーミングな彼が提案する来年の春は、どこまでもハッピーなカラーが揃っている。2019年1月4日(金)から発売するスプリングルック2019|シマー ラッシュをお楽しみに。

YSL メイクアップアーティスト トム・べシュー
®EDAGUIN

トム・ペシュー

メイクアップアーティスト。数々の有名ブランドの広告キャンペーンを担当し、ピーター・リンドバーグやマリオ・テスティーノたちとの仕事を通して、クリエイティブなファションフォトグラフィーに大きな影響を与えてきた。昨年、イヴ・サンローラン・ボーテのグローバル ビューティ ディレクターに就任。

Text:GINZA

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント