意外と見れない、人のメイクポーチの中。Lamanaディレクター/布瀬久美子さんの持ち歩きコスメを大解剖!

いつも“きれい”をキープしている淑女たちのポーチの中身を 抜き打ちチェック。ミニマム派からしっかり常備派まで、 どんなアイテムをどういう理由で持ち歩いているのかを徹底取材!


布瀬久美子さん
Lamanaディレクター

スクリーンショット 2017-08-24 15.30.39

空調下でも乾かない 高保湿アイテムを

1日中、空調の効いた室内で過ごすため、肌の乾燥が深刻だという布瀬さん。接客の合間にミストで潤いを与えるほか、チークやアイシャドウもパウダーではなく、なるべくリキッドやクリームタイプを選ぶようにしている。オフタイムはカラーマスカラなどで目元に遊び心をプラス。


POUCH 

gz09_170630gn_0485_c

15×20/BEAMSで購入。クッション性があり、中のコスメを保護してくれる。


CONTENTS

pouch13

Weight: 412g

1. 大人気のコスメデコルテのAQMWアイグロウジェムはBR381のカッパーブラウンを愛用。

2・3. THREEのシマリングリップ ジャム S02とリップコンシャス プロテクター。

4. 名前の刻印入り婚活リップ。エスティローダー ピュア カラー クリスタル シアー リップスティック 01。

5. RMKのWカラーマスカラはオフの日に。

6・7. アイラインは黒を使わず、レアナニ プレミアム リキッドアイライナー ブラックブラウンと、オフの日用のラブライナーのブルーを愛用。

8. リキッド+パウダーで落ちない眉に。サナ エクセル ロングラスティングアイブロウ。

9. スキンケア効果が高いマキアレイベルの薬用クリアエステヴェール。10. ヘアアレンジ用のアメピン。

11. 汗をかいたあとや乾燥が気になる時に。THREEアロマリフレッシュミスト U&R。

12. ナチュラルに発色するアディクションのチークポリッシュ 09。

13. 目まわりのお直しにウエット綿棒。

Photo: Akiko Mizuno Text&Edit: Akiyo Nitta

GINZA2017年9月号掲載