SEARCH GINZA ID

イエス! わたしは変身しました! : タレント 清水ミチコ「ザクッとなりきる。それが顔マネの極意」

イエス!   わたしは変身しました! : タレント 清水ミチコ「ザクッとなりきる。それが顔マネの極意」

ある時は性別を超え、
またある時は国籍を超え、
またまたある時は生物の種別を超え、
ダイナミックに自分を変えていく。
変身の達人たちにその醍醐味を聞く。


ザクッとなりきる。それが顔マネの極意

小さい頃から、テレビを観ながらこの人いいなあと思うと、その人の声をすぐマネしてみるのが好きでした。そしてその人風にしゃべってみると、(まるでなったみたいだな)と思えるのがすごく楽しくって。個人的趣味ですよね。人に聞かせるんじゃなくて、自分の耳に聞こえる程度のボリュームでやってたので、親もまさか私がモノマネをしょっちゅうしてたなんて知らず、テレビに出た時なんかはすごく驚いていました。ところでモノマネって、英会話にすごく似てると思います。外国人のモノマネがうまい人ほど会話が自分のものになるという。自分の中にはないボキャブラリーを入れ、同じように発音するのに慣れていけば、ペラペラですよね。私で言うと桃井かおりさんが英検1級で、何時間でも彼女のままで楽にしゃべっていられます。しかし新ネタの藤田ニコルさんとかになると、ほんの10秒ほどしかもたないっていう。どちらの場合もやってる時は、似てるか似てないか考えてもいなくって、そもそもモノマネしてるって思ってない。その時は本気で本人なんですよね。はははは。顔マネ写真は、長年連載で作ってきたものなのですが、最近はどんどん早く安く仕上がるようになってきました。丁寧にやらないでザクッとなりきる。そのほうが出来栄えも面白かったりする。最近は「この人どうも嫌いなので、顔マネ写真お願いします」ってリクエストも来たりするんですけど、胸のつかえを下ろすためにやってないですから(笑)!

 

 

宮里 藍
一瞬本人と見紛うほど、完成度の高い宮里藍。

 

ナオト・インティライミ
つぶらな瞳と口角のあがった笑った口元がまさに! ナオト・インティライミ。

 

羽田圭介
きりっと流れる涼しげな目元と真一文字の口元に釘付けになる、羽田圭介。

 

草間彌生
ど迫力の草間彌生。ポップな水玉模様もさることながら彼女の並々ならぬ眼力の魅力に迫った1枚。

 

藤田ニコル
新レパートリーに加わった、藤田ニコル。ラジオで披露して大爆笑に。

清水ミチコ しみず・みちこ

今回紹介した顔マネも収録した『顔マネ辞典』が発売中。10月5日の東京公演を皮切りに、全国ツアー、清水ミチコ30th Anniversary『ひとりのビッグショー』を開催。詳しくは→4325.net

Illustration: Kei Hagiwara Text&Edit: Chisa Nishinoiri

2016年8月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)