SEARCH GINZA ID

フィッツジェラルドの小説が香水に

フィッツジェラルドの小説が香水に


イギリスのメゾンフレグランス〈ミラー ハリス〉から、F・スコット・フィッツジェラルドの最高傑作といわれる小説から着想を得た、2つのフレグランスが525日(金) に発売される。2人の調香師がそれぞれの解釈でアーティスティックに表現した香りから、ストーリーを読み解きたい。


小説の世界、光と影が香りで蘇る

無垢と情熱、戦後の苦悩と新しい時代への希望など、変化とコントラストを描いた小説『夜はやさし』の一節を、2人の調香師が独自の解釈と手法で『スケルツォ』と『テンダー』という2種類のオーデパルファムに仕上げた。2つの香りは互いに寄り添い、小説に見られる光と影や葛藤が活き活きと感じられる。


情熱的なカラーと香りが織り成す万華鏡

『スケルツォ』

『スケルツォ』は、グラースの調香師の家庭で育ち、〈ミラー ハリス〉の多くのフレグランスを手掛けるフランス人パフューママチュー・ナルダンによる作品だ。

香りの特徴

小説さながらのめくるめく情熱な香り。タンジェリンから、明るいナルシスの香りへと変化し、愛を思わせる深いダークローズが香り高いパチョリ、バニラ、ウード・ウッドと交じり合い、虹色の光を反射するスイーツショップのウィンドウを思わせる、うっとりするような甘い香り立ちに。ミラーハリス

スケルツォ オーデパルファム 50mL ¥16,500/ 100mL  ¥24,000

霧に包まれた光と影、ミステリアスな

『テンダー』

『テンダー』はグラースでキャリアをスタートし、メジャーフレグランスで研鑽後に独立、環境に配慮した作品を生み出しているベルトラン・ドゥシュフールの作品。

香りの特徴

ホワイトボーダーストーンの上にたちこめる花のミストに包まれた、光と影を合わせ持つ。ミステリアスなブラックインクチューリップ、ライトピンクの雲のように咲き乱れるピオニー、繊細なローズとグリーンヒヤシンスのミステリアスなノートが広がる。

ミラーハリス

 テンダー オーデパルファム 50mL ¥16,500 / 100mL ¥24,000

問い合わせ:インターモード川辺 フレグランス本部  Tel: 0120-000-599
millerharris.jp

Cover Photo: @forget_me_not_originals, Text&Edit: Hiroko Chihara

 

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)