人間界の気になる美容の噂を猫目線でレポート。猫探偵KIKI「ママはビューティジャーナリスト」口内フローラを育てる菌活のすすめ

人間界の気になる美容の噂を猫目線でレポート。猫探偵KIKI「ママはビューティジャーナリスト」口内フローラを育てる菌活のすすめ

いつも思うのは〝食事のたびにせっせと歯を磨いているのに、それでも虫歯や歯槽膿漏とやらでお医者さまに駆け込むなんて、人間って大変〟ということ。きっと口内フローラのバランスが崩れやすいのね。よく「腸内フローラが大事」って騒いでいるけど、じつは口内にも腸と同じようにフローラが存在。約1000億個の細菌のうち、約7割が善玉菌、そして日和見菌、残りの3割が悪玉菌なのだとか、そのバランスがフローラ、知らなかった?

虫歯や歯槽膿漏は悪玉菌の増加による口内環境の悪化が原因だけど、でも、怖いのはそれだけじゃないの。口内細菌は血管内に侵入する可能性が高く、動脈硬化や悪性腫瘍、リウマチ、早産など、深刻な疾病につながる危険が高まるのだそう。だから、歯磨きという習慣に加えて、今どきは口内フローラのバランスを整えるケアも欠かせないってこと。

じゃあ、具体的には?

ママの取材によると、天然の抗菌剤である唾液の分泌を促すためによく噛んだり、唾液腺を刺激したり。善玉菌を増やす乳酸菌を摂ること、糖質過多の食事を避けて抗酸化作用に優れたものを摂ることも大事。もちろん、正しいオーラルケアは忘れずに。最近は、乳酸菌のタブレットや乳酸菌入りのマウスウォッシュ、ストローなど、口内フローラのバランスをダイレクトに整えるアイテムも出ているから、賢く利用するのも手。私たち猫に歯磨きする習慣はないけれど、口内フローラのバランスは悪くないって思ってる。きっとそれは、糖質過多の食事を摂っていないからなのかもね。

Profile

KIKI キキ

ビューティジャーナリスト安倍佐和子氏の愛猫。12歳。ママの原稿をこっそり盗み読みしながら、日々、美容情報を収集。人間界の気になる美容の噂を猫目線でレポート。

安倍佐和子

ビューティジャーナリストでKIKIのママ。女性誌や広告の編集・執筆をはじめ、講演会などでも活躍。先進スキンケアからメイク、オーガニックまで守備範囲は広い。

Illustration: Maria Ines Gul
Text: Akiyo Nitta

2016年10月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)