人間界の気になる美容の噂を猫目線でレポート。猫探偵KIKI「ママはビューティジャーナリスト」温活と健康志向の落とし穴

人間界の気になる美容の噂を猫目線でレポート。猫探偵KIKI「ママはビューティジャーナリスト」温活と健康志向の落とし穴

寒がりの猫にとっていちばん辛い季節が来ちゃったわ。でも、現代人も寒がりが多いんですって?

男女問わず、冷え症が増えているという噂。そういえばママも冷えを気にしていて、平熱を上げるために瘀血(お けつ)を吸引するカッピングに通ったり、オオニシ恭子先生の「やまと薬膳」教室で学んだ温活食を実践したり。冷えの原因は毛細血管の滞りや内臓機能低下、筋肉量の低下などさまざまだけれど、オオニシ先生曰く、最近のスムージー流行りも要因のひとつだろうって。

確かに、フルーツやサラダなどは体を冷やすものが多いし、コーヒーもしかり。毎朝スムージーにコーヒーじゃ、巡りが悪くなって冷えるのも当然かもね。手のひらでお腹に触れてみて、冷たいと感じる人は要注意だそう、平熱そのものが低下する恐れもあるから。体温が1℃低下すると免疫力は40%も低下。冷えって怖いの(猫にもね)。これからの季節、ママは旬の野菜、ネギやカボチャ、生姜や里芋などを使った薬膳鍋のオンパレード。果物だったらリンゴや柿、魚やお肉は赤身を選ぶようにしているし、朝は白湯(さ ゆ)を飲むなど体を温める工夫は続けているから、まあ合格といえるかな。

そうそう、ときどきお湯の温度を42℃に設定して入浴してるわ。なんでも、人間に備わっている免疫力に関わるタンパク質「ヒートショックプロテイン」を活性させるためですって。ママも冷えが改善されたって喜んでいたし、免疫力も上がったみたいよ。ねえ、猫にもそういう働きってないのかしら?

誰か教えてくれない?

KIKI キキ

ビューティジャーナリスト安倍佐和子氏の愛猫。12歳。ママの原稿をこっそり盗み読みしながら、日々、美容情報を収集。人間界の気になる美容の噂を猫目線でレポート。

Profile

安倍佐和子

ビューティジャーナリストでKIKIのママ。女性誌や広告の編集・執筆をはじめ、講演会などでも活躍。先進スキンケアからメイク、オーガニックまで守備範囲は広い。

Illustration: Maria Ines Gul
Text: Akiyo Nitta

2017年1月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年6月号
2019年5月11日発売

GINZA2019年6月号

No.264 / 2019年5月11日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
初夏の新スタンダード

勝手に新スタンダード!

GINZAスタンダード委員会(スタイリスト、ファッションディターで構成)で、2019年春夏の定番スタイルやアイテムを20項目、勝手に決めました!...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)