フレグランスの世界〜番外章 香りのまとい方

フレグランスの世界〜番外章 香りのまとい方

Share it!

香水は、手首やうなじにつけるのが正解!って思ってませんか?実は香水の香りはそもそも下から上にあがってくるもの。空気が乾燥しているヨーロッパでは、上半身に香りをまとってもいい香りがたちやすい。でも湿気が多い日本だと、ヨーロッパで使うよりも香りが強くなってしまうこともあると、香水コーディネーターの牧野和世さんは言う。「梅雨の時期は特に香りが変わりやすく、良薬が毒となることも。スカートの裾につけると、座っている状態でもふわりと香りがあがってきます。膝の後ろなど、汗をかくところにつけてしまうと香りが変わるのでおすすめしません。また、スカートの裾だけでなく、服のタグやポケットの中などにひと吹きする、あるいは、シュッと上に向かって香水を一吹きして、その下をくぐるように香りをまとってみてください。香水本来の香りが残りやすくなります」。

あまり香水に慣れていなければ、ヘアミストからトライしてみてもOK!つけ直すときは、水で洗い流すか、アルコール成分を含むウェットティッシュで拭き取ってから再度つけましょう。

 

香水初心者におすすめの香水

 

〈CLEAN〉の香水
牧野さんが香水初心者におすすめするのは〈CLEAN〉の香水。香りをレイヤードする際にベースとしても使いやすい。「男性なら誰もがこの香水を好きというはず。洗いざらしの衣類のような清潔感溢れる香りが魅力」。
クリーン リザーブ ウォームコットン オードパルファム 100ml ¥14,800(ブルーベル・ジャパン 香水・化粧品事業本部 ☎0120-055-130)

 

〈diptyque〉のヘアフレグランス
インテリアとしても絵になる素敵なボトル。「やさしめのローズの香りだから、フレグランスが苦手な人もつけやすいはずです」。
ディプティック オーローズ ヘアフレグランス 30ml ¥6,000(diptyque Japan 03-6450-5735)


また香水を体に直接つけるときに注意すべきことがもうひとつある。それは体臭との関係。「寝不足や疲れ、汗や体温に変化が起きると、すっぱいにおいがするなど体臭が強くなります。特に柑橘系の香りとは悪の化学反応を起こしやすいので、Be Careful!いい香りをそのまままとうには、体のベースをしっかり整えることが大事。また、”酸化”は体臭につながります。汗をかいたら、しっかり雑菌をおさえる洗浄剤で菌をおさえましょう。特に、耳の後ろや体の中心線、そけい部や足は念入りに洗うこと。しっかり保湿することも忘れずに。また体内の抗酸化には、お通じをよくすることが大切。サプリなどをうまく取り入れて」。

 

いい香りのベース作りのためのアイテム

〈FUKUBISUI〉のローション
お風呂上がりにパシャパシャと顔にも体にも!「加齢臭の予防にもなるといわれているトレハロースを配合。濡れているうちに使うことでしっとりした肌を持続。乾燥している肌よりも、うるおいのある肌のほうが香りもキープしやすくなりますよ」。
福美水 500ml ¥3,400(福美人☎03-5428-4343)

 

もし使いきれず香水が残ってしまったら、お風呂に2~3プッシュして癒やしの空間にしたり、玄関やクローゼットなどに使うのもおすすめ。せっかくお気に入りの香水を見つけたら、最後の一滴まで楽しんでみませんか。

Photo & Text & Edit: GINZA

関連記事