SEARCH GINZA ID

紫×黄×ピンクでチークセンセーション。ポイントメイクの新ルール

紫×黄×ピンクでチークセンセーション。ポイントメイクの新ルール

既成概念を破ってもっと自由に化粧でおしゃれや自分らしさを表すべき。そんなムードが高まっている、この夏ならではのライン使いや配色を
メイクアップアーティストのKie Kiyoharaさんがレクチャー。


紫×黄×ピンクでチークセンセーション

アイメイクとボーダーレスなチーク使いが気分。下瞼からほっぺの広い範囲へ反対色を重なり合うようにレイアウト。ふわりとボカせば、可憐なのにノンシャランな顔立ちになる。

ハット ¥23,100(マニプリ | ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店)/トップ ¥27,000(クレージュ | エドストローム オフィス)

 

HOW TO

(d)のイエローを頰いっぱいに広げたら、アンダーアイの中央に(e)のピンク(右下)、目尻側に(c)の紫を横にワイドに入れ、グラデーションを作る。

Photo: Masaya Tanaka (TRON), Shu Yamamoto (product) Hair: Waka Adachi (eight peace) Make-up: Kie Kiyohara (beauty direction) Styling: Arisa Tabata Model: Nina. Text&Edit: Chihiro Horie

GINZA2022年6月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年10月号
2022年9月12日発売

GINZA2022年10月号

No.304 / 2022年9月12日発売 / 特別定価880円

This Issue:
最強スタンダード!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)