「BEAUTY STORY」 RUMIKOさんと考えたニッポンビューティのための秋メイク01 – 秋に咲く、意志あるピンク

「BEAUTY STORY」 RUMIKOさんと考えたニッポンビューティのための秋メイク01 – 秋に咲く、意志あるピンク

フレッシュに、ポジティブであれ!

私たちが “つい、真似したくなる” そんなメイク提案で人気のRUMIKOさんが 王道のブラウンをベースに、この秋注目の色と質感で新しい顔をクリエイト。 時代の感性にぴったり寄り添う、自由で心地いい“RUMIKOメイク”が到着!

 

gz10_cut02_0093

秋に咲く、意志あるピンク

チークがメイクのトレンドに返り咲いた。 イノセント系でも、モテ系でもない、 四角く入れて凛とした強さを出すのがRUMIKO流。デニムドレス ¥34,000(リー × ハウス・オブ・ホランド | ユニット&ゲスト)


RUMIKOさんに習う 秋メイクの作り方

王道のブラウンもRUMIKOさんの手にかかると キュートやフェミニン、マニッシュにもなる。 ミニマムでマキシマムなメイクの楽しさ、味わって。

gz10_cut06_0001

*HOW TO*

ノーファンデで素肌っぽさを残したまま、4のチークを四角く入れてシャープに演出。「丸く入れると幼くなるので、四角く入れて意志のある印象に。ピンクを甘く見せないのが鍵です」(RUMIKOさん)。眉は3で太く重めにくっきり、瞼には1の左下2色で影を彩ったらインサイドを2で締める。5を指にとって唇になじませて完成。ブラウンにピンクの掛け合わせで意志のある顔立ちに。

写真左から
1.肌なじみのいいスモーキーなブラウンパレットは洗練された発色。バーバリー コンプリートアイパレット00 ¥6,200(バーバリー・ジャパン)
2. パール入りアイライナーはにじみにくく鮮やかなラインが長持ちするスマッジプルーフ系。インサイドにブラックを。メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 10 ¥3,000(THREE)
3. なめらかな描き心地で仕上がりも自在。01は意志のあるマスキュリンな色。アイブロウ・ペンシル 01 ¥3,500(パルファム ジバンシイ)
4. カメオをモチーフにしたチークは肌の内側から上気したようなフレッシュな仕上がり。ミニ プレスト チークカラー 10 ¥2,500(レ・メルヴェイユーズ ラデュレ)
5. まるでジュエリーのような存在感のリップスティック。381はクリーミーな質感のピンク。ラプソリュ ルージュ 381 ¥4,000*10/21発売(ランコム)

Photo: Osamu Yokonami
Make-up: RUMIKO
Styling: Junko  Kobashi
Hair: KANADA (Lake Tajo)
Models: Miyuki Emond
Text&Edit: Sawako Abe

GINZA2016年10月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)