女プロが食後に切り出したセックスレスの話とは?

女プロが食後に切り出したセックスレスの話とは?

仲良し2人とパッタイを食べていた昼下がり。ひとりはヨガインストラクターで鍼灸師でセックスカウンセラーで、そのうえものすごい美人のトモちゃん(以下女プロとします)。もうひとりのタクさんは遺伝子を研究してきたアカデミック界隈の住人で、ヒトの思考や行動に関する著書多数(以下アカ男)。

食後のコーヒーをすすりながら女プロが切り出した。「セックスカウンセリングで一番多いのは、セックスレス(以下レス)をなんとかしたいって相談なんだよね。それも今すぐに」。セクシーな下着をつけるとか、リゾートに旅して非日常感の力を借りるとか。イランイランのアロマを焚いたら誘いの合図という某芸能人のエピソードもありましたっけ。気恥ずかしいからこそ勇気を振り絞りがちな人っているいる~と私と女プロが他人事みたいな顔して盛り上がっていたら、アカ男が「どれも間違っている」と静かに首を振った。

アカ男の主張はこうです。相手への小さな気遣いを積み重ねて最低でも1年かけて取り組まないと、レスの根本的な解決にはならない。気遣いとは、要は声がけから始まるコミュニケーション。例えば「お疲れ様、仕事どう?」とか、スマホから顔を上げて「ね、なんかお腹すかない?」とかなんでもいい。そこで「いや、さっき食べたばかりだから」って返されても凹まなくてよし。言葉のお供えものをしたと思って、あきらめないで続けることが大事なんですって。

 

でもそれって日々ちゃんと相手と見ていないと、案外むずかしい。 だからこそお供え修行を1年続けたその先には、強固で心地よいパートナーシップが育まれているのかもしれません。レスだけじゃなくて職場や友人関係にも同じことがいえる気がします。期待したような反応がなくたって、まぁいいさオソナエオソナエと唱えながら優しい言葉をちょこんと置いていきたいものです。自戒を込めて。

ところで女プロ。クライアントの傾向だと称してじつは自分の…いやそこは詮索しないことにしましょう。

 

hondai_thumbnail

食後のおしゃべりといえば。デニーズで朝ごはんして、おかわり自由のコーヒーを飲みつつ家族で1週間のまとめを話すのが週末の息抜き。写真は現在開催中のマンゴーフェアから、マンゴーの3枚おろし(537円)。

編集KS

2年半ぶりにギンザ編集部に復職。五人姉妹のせいか、女性比率が高いココはなんだか落ち着く。モード誌では珍しいかな食育指導士® 。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)