SEARCH GINZA ID

日々のケアでマスク荒れも解消! 理想の質感に近づける「肌のフィットネス」vol.1

日々のケアでマスク荒れも解消! 理想の質感に近づける「肌のフィットネス」vol.1

ライフスタイルや季節の変化……スキントラブルに遭うリスクが 増えた今こそ、毎日のお手入れを強化すべきタイミング。 しかも今季はフィットネス感覚で強く美しい肌へと導いてくれそうな秀逸コスメが勢ぞろい!冬本番に向けて“基礎肌力”から底上げを。#肌のフィットネス


 

目指すはタフな美肌!日々のトライで変えられる

マスク荒れに悩む人も急増中の現在、ケアの見直しが一番の対策だと慶田先生。 「まず重視したいのが『洗顔』。ヘルシースキンのキーである、細胞のターンオーバーを正常に保つためには古い角質を洗い流すことが必須です。また酸化した皮脂は表皮の炎症や肌老化の原因になるので、基本的に冬の朝も洗顔を」

2つめは「潤す」こと。「細胞に十分な水分を与えるとバリア機能が高まるうえ、見た目にもツヤツヤと美しい肌に。表皮をベストな状態に保つ、いわゆる美肌菌もみずみずしい皮膚を好みます。水分保持力の高い化粧水や乳液をたっぷり塗布するのは大前提として、乾燥の季節に向け油分も含むクリームなどで“フタ”をするのも不可欠。また過敏になるリスクが高い今は、『揺らぎ対策』もマストです。不安定なときほど使うアイテムを絞り、シンプルケアを心がけましょう」

そして第4、第5の先行投資的なメソッドとして取り入れたいのが「たるみ対策」と「パーツケア」だ。「ステイホームでPCやスマホに向かう時間が増えがちですが、無表情で背中を丸めた姿勢でいると顔や目元のたるみを加速させる心配が。しかもアンチエイジングコスメは予防段階で取り入れるほうが効果的です」

 

IT’S BRAND NEW!

 

スキントラブル 肌 コスメ
01 リモートワークによる “のっぺり顔危機”を解消
スマホの長時間利用がむくみやたるみの原因になることに着目!表皮を引き上げるように密着するフォームアップ成分を使用し、シャープな面立ちに導く。リフトディメンション セラム 50ml ¥12,000(コスメデコルテ Tel: 0120-763-325)

02 テーマは肌の温活!椿がバリア機能をブースト
外的刺激の影響を受けにくい“温かい肌”を叶えるべく、五島列島の椿を発酵させた独自成分「温酵母」を配合。椿の花やオイルの力も加わってクリアスキンに。ON&DOリファイニングローション I 150ml ¥7,000(MTG Tel: 0120-467-222)

03 サステイナビリティに配慮し “効くオーガニック”を追求
フィトテラピスト森田敦子による植物療法とサイエンスを融合させたブランド。特許技術で抽出した三河産ハーブの成分を凝縮してしっとり肌が続くクリームに。レジェナ エンリッチドクリーム 50g ¥10,000(Waphyto Tel: 0532-25-8151)

04 肌年齢は1日の中で 9歳分も揺れ動くことに注目!
環境ストレスなどで揺れる肌にアプローチする、ふわりと軽やかな乳液。“毛穴レス”の維持を目指し、独自の「インフィニット パワー テクノロジー」を搭載! スキンパワー エアリー 50g ¥12,000*編集部調べ(SK-II|SK-II お客様相談室 Tel: 0120-021325)

教えてくれたのは…
慶田朋子さん けいだ・ともこ

皮膚科専門医。銀座ケイスキンクリニック院長。著書に『女医が教える、やってはいけない美容法33』(小学館)、『3​6​5日のスキンケア』(池田書店)がある。

Photo: Masaki Ogawa Styling: Maiko Kimura  Text&Edit: Chihiro Horie

GINZA2020年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号
2021年4月12日発売

GINZA2021年5月号

No.287 / 2021年4月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
カラフルを着て街へ出たい

思い切って色を楽しむ
春のファッション

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)