SEARCH GINZA ID

老け見えしやすい季節に見直したい、保湿ケアの“基本のキ”

老け見えしやすい季節に見直したい、保湿ケアの“基本のキ”

真夏の日差しにさらされてきたと思ったら、冷えと乾燥で肌がつかれる秋の到来。季節の変わり目は、自然派コスメや植物由来の優しいアイテムで手厚くケアをしよう!

夏枯れ肌・揺らぎ状態の肌を
癒すスキンケア

紫外線による影響で
老け見え症状が出やすい季節

お話をうかがったのは、西洋医学と東洋医学の両方をバランスよく取り入れた包括的ケアで名高い「まいこ ホリスティック スキン クリニック」院長・山崎まいこ先生。夏から秋へ移行するこの時季、肌はどんな状態になっているのでしょうか?

「夏の間に大量の紫外線を浴びているため乾燥しやすく、ターンオーバーが乱れて角質が分厚くなります。古い角質がたまっていることでメラニンの排泄も遅れるし、シミやくすみの原因となります。また紫外線は免疫力も低下させますから、ニキビができやすくなったり、コラーゲンが破壊されてたるみやシワ、毛穴が目立ってくる場合もあります」(山崎まいこ先生)

クーラーで冷えた室内と暑い外との温度差が招いた自律神経の乱れにも注意。「それが原因で肌が揺らぎやすくなる。放っておくと化粧水をつけるとピリついたり、かゆみが出たり、敏感肌症状が出てしまう場合があります」

自分の肌が心地よいものを
探してあげること

揺らぎ状態の肌におすすめのスキンケアコスメはどういうものでしょう。「一概にはいえませんが、肌が敏感に傾いているときは、不要なものが入っていないナチュラルなコスメの方が“リスクが少ない”ということはあります。

これは、添加物に対して“荒れる”人が多いから。ただし本当に敏感肌の人は、そのために処方されたものが肌に合うこともありますし、植物由来・自然由来と謳っているものがすべて肌に“優しい”のか?というとまた少し違っていて。天然のものにはそれぞれ個性がありますから、肌が弱った状態ではそれが逆に強く感じることもありますしね。

個人的には、自然なものだけを使って肌に優しいものを作ろうとか、そのために手間暇をかけて植物を育てるといった作り手の“想い”は必ず商品に出ると思っています。
肌をわかっているのは自分自身ですから、自分が使って肌がストレスを感じないものを、きちんと選んで使うのが大切です」

 

肌がごわついて
化粧水が入っていかない…

優しいピーリング&ブースターで
肌を柔らかく

肌を触るとなんだか硬い。化粧水をつけてもなんだか上滑りする。それは紫外線から肌を守ろうと分厚くなった角質が、肌表面に残っている証拠。不要な角質はピーリングでオフするのがおすすめ。洗顔後はブースターを投入して柔らかくしてあげると、後に使う化粧品の浸透をサポート。「角層が分厚くなると肌の透明感も失われます。負担のかかりにくいマイルドなゴマージュなどでケアを」(山崎先生)

冷房や紫外線のダメージで、
メイクノリが悪い

基本となる保湿ケアの見直しを!

ダメージ補修のベースとなるのはやはり保湿ケア。じっくり潤してくれる保湿成分の入った化粧水や、皮脂をとりすぎないミルクタイプのクレンジングなど、スタメンの入れ替えを検討してみて。「スキンケアは保湿について考えてみること。夏は汗によるベタつきが気になって、乳液やクリームなど油分を補うアイテムを省いてしまうという人も多いですが、皮膚には水分と油分のどちらも必要です。化粧水、美容液のあとには適度に油分を補って、水分を閉じ込めてあげましょう」(山崎先生)

日焼け残りのくすみをどうにかしたい!

ブライトニングアイテムを即投入

顔色が冴えないと思っていたら日焼け残りのくすみだった!?なんてことも。「若いうちは肌にハリがあって日焼けも美しく見えますが、年齢を重ねると質感が変わってきてカサついて見えるし、代謝が落ちてくすみやすい。なるべく早くホワイトニングのアイテムを取り入れましょう。外からも内からも特に効果的なのはビタミンC。黒くなったメラニンを白く還元することができます」(山崎先生)。また、日焼けでたるんだ毛穴に詰まった汚れには、優しく汚れを吸着するクレイパックがオススメ。

水分の摂りすぎ? 
夏バテのむくみが残ってる

簡単マッサージですっきり顔に♡

夏の終わりにかけてなぜか顔がむくんでいる!という人は、冷房や冷たいものの摂りすぎによる冷えからくる代謝不良で、不要なものが滞ってしまっているのかも。スキンケアの延長で簡単にできるオイルマッサージを、トリートメントサロン「ナチュラルメソッド」を主宰するセラピストのMiyukiさんがレクチャー。「マッサージはつい力を入れてしまいがちですが、なでたりつまんだりする程度の力加減で優しく行ってください。十分効果がありますよ」(Miyukiさん)

アロマオイル

アロマセラピー、フラワーレメディー、ホメオパシー、3つの自然療法を融合させたブレンドオイル。陰陽五行の思想に基づく5種類で、体質やシーンに合わせて選ぶことができる。ロールオンアロマ 全5種 各10ml ¥3,500(アロマパシィー | ビープル バイ コスメキッチン)

山崎まいこ やまさき・まいこ

まいこ ホリスティック スキン クリニック院長、皮膚科医、米国NTI認定栄養コンサルタント。mhs-cl.com

Photo:Mitsuru Kugue illustration:Rán Flygenring Text:kei Yoshida

GINZA2019年10月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)