コーデに合わせてお気に召すまま!ヴィセ アヴァン リキッドアイカラーで奏でる春のプレリュード

コーデに合わせてお気に召すまま!ヴィセ アヴァン リキッドアイカラーで奏でる春のプレリュード

『MODE GLAM』をコンセプトに掲げ、デビュー以来、周囲の誰かよりも一歩先行くスタイルを実現。そんなメイクアップブランド“ヴィセ アヴァン”から、どこまでもみずみずしいテクスチャーでまぶたをファッショナブルに彩ってくれるリキッドアイカラーがデビュー。グリッター、マット、メタリックの3つの質感で展開された10のカラーバリエーションは、どれも唯一無二の存在感。ここでは、GINZAでおなじみのファッショニスタ2名に、このアイテムを使用したメイクを披露していただきました。
あなたもその日のコーデにフィットするアイデザインをチョイスして、毎日のメイクをファッション感覚で着替えてみませんか?

 

STYLE1

ヴィセ アヴァン リキッドアイカラー

内田安美さん
Woman’s vintage clothing バイヤー
Instagram @ami__uchida

 

まなざしに魅惑を宿すWアイカラーで魅了

自らLAで買い付けた、ヴィンテージのカフタンワンピースをUSヴィンテージのベルトでウエストマーク。同じくUSヴィンテージのスクエアブーツを合わせて、70’sを彷彿とさせるフォークロアのフィーリングを体現してくれた、内田さん。
「これまでは赤系のアイカラーを単色使いするシンプルなメイクがほとんどだったんですが、この春はいつもよりカラフルな顔つきを楽しみたい気分。エキゾチックなコーディネートに軽やかなテンションを添えたい思いもあって、マットなペールブルーを基調にダークレッドをドッキングしたWアイカラーに挑戦してみました。ヴィセ アヴァンのリキッドアイカラーは本気で肌にピタッと密着するので、こんな繊細なアイメイクも思い切り楽しめるんですよね」(内田さん)。

コケティッシュなピンクのチークで頰を柔らかに上気させたら、リップはベージュで引き算。「チークとリップを敢えて控えめにすることで、まなざしのインパクトを際立てました」

Use it!!!

How to Makeup

EYE: bをチップにとり、アーチを描くようにアイホールになじませる。2度塗りできちんと発色させること。続いてaを一旦手元に出して指の腹にとり、bのエッジに沿うようにライン状にオン。黒目の上から左右にワイプして。
CHEEK: 黒目の下の頰の高い部分と交わる位置に、dを指でトントン。まあるくふわっとなじませてナチュラルな血色感を演出。
LIP: cを唇全体に均一に。カジュアルに直塗りすればOK。


 

STYLE2

ヴィセ アヴァン リキッドアイカラー

三井麻央さん
アーティスト、モデル
Instagram @mao_mitsui

 

メタリックな囲み目で唯一無二の私に

ゴールドベージュのアイカラーで、目元をぐるん。フォックスシェイプのサングラスをモチーフにしたメタリックな囲み目は、ファッションを自分本位に楽しみたい日のとっておき。
「ここでは、シルエットがキレイなルシェルブルーのセットアップをネオンカラーのロゴがアクセントのロンT(UNION TOKYO)とやっぱりネオンカラーが効いてるランニングシューズ(adidas)でカジュアルダウンしたコーデに合わせてみました。私、ハウスやヒップホップが大好きなんですが、タウンユースはもちろん女友達とクラブに出かけるシーンにマッチしそうですよね」(三井さん)。

ランニングやジムなど、日々、ワークアウトを欠かさない三井さん。「私、気持ちを引き締める上でもメイクをするのがモットーなんです。このリキッドアイカラーは本気で密着力が高くてヨレにくいので、ワークアウトのシーンにも重宝しそう。出会えてよかったです」

Use it!!!

How to Makeup

EYE: aのチップの先端を使って、目頭からアイホールになじませていき、目尻まできたらハネ上げる。そのまま、キワからアイホールの間をaで埋めて。同様に、目頭を起点に下まぶたのキワをaのチップの先端でスーッとすべらせて目尻まできたらハネ上げる。目頭と目尻がシャープなシルエットの囲み目に。
CHEEK: cを頰の笑うとふくらむ位置に指でポンポン。黒目より外側に丸くなじませるのがヘルシーに仕上げるポイント。
LIP: bで唇の輪郭をなぞったあと、全体を塗りつぶす。唇をヌーディに仕上げることでまなざしが一気に主役の座に躍り出る。


ヴィセ アヴァン リキッドアイカラー

■お問い合わせ
コーセー
0120-526-311
kose.co.jp/visee/avant
Instagram: @visee_kose

※(すべて税別、価格は編集部調べ)/コーセー

Phito: Yuya Shimahara Makeup: RIKA MATSUI(A.K.A) Hair: KAZUKI FUJIWARA(Perle) Video: udocorg Text: RINA ISHIBASHI

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)