SEARCH GINZA ID

気になる色はどれ?占い師・淡の間による『3minutes Reading』vol.5

気になる色はどれ?占い師・淡の間による『3minutes Reading』vol.5

満月は古来から『達成・完了』の象徴といわれ、自分を省みるのにぴったりな時期なんだそう。そんな特別なタイミングに合わせて毎月、ミレニアル世代の占い師・淡の間(あわいのま)さんが運命をリーディング。所要時間はたった3分!3色のモチーフから気になる色を選ぶと届く、今月のあなたにぴったりなオラクルメッセージ。


3色の貝殻のうち
直感で惹かれる色を選んでください。

淡の間 3minutesreading

8月といえばバカンスの季節。それなのに今年は旅行や外出もままならず、天気も不安定で気が塞ぎますね。今回のモチーフはせめてもの夏らしさを感じられるものにしたくて、貝殻をチョイスしました。神秘的な意味合いを持つことが多く、たとえばスペインにあるキリスト教の聖地「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」を目指す巡礼路で旅人を導くのも、ホタテ貝のマークだそうです。このリーディングが、皆様をより良い方へと導く道しるべとなりますように。日常の尊さへの思いを込めてお贈りします。

淡の間 3minutesreading
淡の間 3minitesreading

朝の森の滴、靄の色。

人生の試練を山登りにたとえるなら、現状はようやく頂上が見えてきたところなはず。ここまでの道のりで拾い集めた宝物のような出来事が足を前へ前へと運んでくれる反面、後悔または違和感が詰まったバックパックが重く肩にのしかかってきます。いつだって冷静に、建設的に物事を進めていくことができるあなただからこそ、ここで一旦休憩がてら、荷物の中身を確認してみて。ゴールまでの道のりはあと少し。だからこそ足を引っ張る人やものからは、勇気を持って離れることも大切です。自分のアップデートに不要なものは、全てこの夏に置いて行くような気持ちで見極めましょう。

目標を達成するために肝心なのは「叶わなかったらどうしよう」という恐怖心だけを手放して、「どうしても叶えたい」という志は持ち続けること。手放すことが難しいのは分かります。でも、思いは必ず現実になるのだから。そのことに気づいて、本当の意味で不要なものを手放せたなら、重たかったバックパックがきっと随分軽くなりますよ。

P.S. 救世主が現る…!?の気配。一緒に頂上を目指せる、心強い仲間になってくれそうです。

淡の間 3minitesreading

海の上澄みを掬い上げた薄蒼色。

完璧主義なあなたにとって、人に弱みを見せるのは耐えがたいことかもしれません。でも本当は、普段頑なに封じ込めている隙に惹かれる人が大勢いるはずです。これ以上いっぱいいっぱいになってパンクする前に、周りを頼ることを覚えましょう。誰かに救いを求めることは弱さではなく、自分を受け入れ成長することに繋がります。あるいは、もし周りに手一杯になっている人がいる場合、必要以上に干渉しすぎるのは禁物。むしろ本人から声をかけてきやすいように黙って見守ることも、本当の優しさではないかと思うのです。

闇が深ければ深いほど、光の強さも比例するもの。もし自信が持てないのなら、それは自身の心の闇に注目するあまり、まばゆい黄金のような輝きに気づいていないだけなのでは。元からある光に目が向いたその時ようやく、あなたが待ちわびる人の元にもそのきらめきが届くのです。

P.S. 人は「欠損」に恋をするそうです。気になる相手の前でこそ、思い切って隙を見せましょう。

淡の間 3minitesreading

陽光をそのまま閉じ込めた花の色。

「できないフリ」をするのはそろそろやめましょう。理想のビジョンを自分の手で掴みに行くのです。大丈夫、今のあなたならできるから。「お金が…」「時間が…」「でも…」山のように出てくるエクスキューズはハイ、全部消去!あなたが思うよりずっと世界は広く、多くの選択肢に溢れています。だから、何かしら解決策はあるはずなのです。なのに、いつまで「言い訳のプール」にチャプチャプと浸かったままで過ごすつもりでしょうか。ここ数か月ですっかり「ここ」が居心地良くなってしまった、そんな自分の視野を狭くしているのは他の誰でもなく、あなた自身だと気づいてください。

この期に及んでもあれこれ理由をつけて、これからの輝かしい未来にブレーキをかけますか?いいえ、やるなら今です!いざ覚悟を決めて進み始めましょう。

P.S. 始めてもいないことを心配していたら、道はいつまでも拓けません。合言葉は「ステイ・ポジティブ!」。

淡の間 awai-no-ma

1991年生まれ。山形県出身。元アパレル販売員で、今は占い師。西洋占星術やヨーロッパ発祥の自然療法などを用いてオリジナルのカウンセリングを行なっている。ある日突然急に『こちら側』へやってきた。山形・仙台・東京を中心に対面セッションを行う他、店舗のディレクションやセールスなども行なう。instagramのストーリーを活用して『1日の流れ』を毎日更新中。活動を行う上で掲げた信念は“自分の運命を知ること。受け入れてそのままに生きること。バランスが整えられた心・体・魂の上に、正常な衣・食・住が成り立つのだと体現すること”。
◎カウンセリングの予約はinstagramから。

Graphic Design: Yutaka Satoh Edit: Milli Kawaguchi

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)