SEARCH GINZA ID

家入レオ「言葉は目に見えないファッション」vol.8 反射せずに

家入レオ「言葉は目に見えないファッション」vol.8 反射せずに

クォーター・ライフ・クライシス。それは、人生の4分の1を過ぎた20代後半〜30代前半のころに訪れがちな、幸福の低迷期を表す言葉だ。25歳の家入レオさんもそれを実感し、揺らいでいる。「自分をごまかさないで、正直に生きたい」家入さん自身が今感じる心の内面を丁寧にすくった連載エッセイ。前回は vol.7 大きな木の気持ち


vol.8 反射せずに

「久しぶり。」

待ち合わせていた場所で、肩を抱き合いながら、私たちはそう口にした。

自粛期間中、私はひとりの世界を全うしていた。

曲を作ったり、本を読んだり、映画を観たりして過ごしながら、内側は常に、言葉と考えとで溢れていた。

脳が欲しているものと、心が求めているもの。

その違いをきちんと認め、紐解いていくことで、私はさらに健康的になっていった。

そして、内界で作り出した哲学や美学は、人と関わることでこそ、意味のあるものになるんだと感じ始めていた。

人は生きていて、一人じゃない。他者と歩んで行く。だから、その思想がちゃんと、暮らしの中で機能するのか、私はとても知りたくなる。

「誰かと話したい」

コーヒーをおとしたり、フライパンを温めている時なんかに、それは不意に訪れる。

「あの人、今何してるのかな」

呼び出しに応えてくれる友人たちには「思い出したように、突然連絡して来るよね」と、軽口を叩かれるけど、私は、いつも困りながら、眉毛を上げて見せることしかできない。

その日も、ベーグルを齧りながら、彼女に会いたかった。

それは叶わないことだけど、連絡してみようとアイフォーンを手に取ると、インスタのストーリーに彼女からメッセージが届いていた。

タイミングの良さに笑いながら、「元気?」と指先を走らせる。

軽いやり取りが二、三続き、話題は自粛期間中の過ごし方になった。

彼女はピアニストで、一歳になる女の子のお母さんでもある。スペインでクラシックピアノを学んだ異色の経歴を持っていて、何に対してもカラッとしているところが好きだ。

保育園も登園が難しいとニュースで言っていたし、どうしているのか状況を尋ねると。

「こんなに普段一緒に過ごせないから、楽しい」と絵文字付き。

そして、「やりたいことを、あきらめる方が楽なんだな。子供のために辞めましたって、もしかしたら、とてもずるいのかもって思った」と書いてあった。

私は、彼女の言っていることを、もっと知りたくて打った文章を、だけど、全部消した。

そして、「落ち着いたら、会おう。顔見て話したいな」と送った。

そんな訳で、久しぶりの彼女との時間だった。

淹れてもらったコーヒーを飲みながら、頷いたり、頷いてもらったりしているうちに、時計の針はどんどん進んでいった。

そして、「前書いてた、仕事をあきらめる方が楽なんだなって。あれ、知りたい。」と私が言うと、「あ~あれはね」と真っ直ぐな目で話してくれた。

「やっぱり、子供ってとっても可愛いから、もう自分のことはいいかも、って思ってしまう瞬間があったりするんだよ。だけど、自分の全部を、その子に託すって、どうなのかなぁって。頑張れ、って子供のやりたいことをサポートする子育ては、大変な愛と気力が必要になる。中々できることじゃないよね。でも、やっぱり、努力するのも、傷付くのも、結局は私じゃなくて、その子自身だから。」

私の世界が音を立てて、彼女の言葉分広くなるのを感じて、私は言った。

「そうか。その子が自分の意志ではなく、親に褒められる為だけに未来を選んでしまったら。転んでしまった時、ずっと両親や誰かのせいにしてしまったり、酷いといじけたままで人生を終えてしまうかもしれない。その逆に、その子が頑張って、光を浴びたとして。それは、心から嬉しいことだけれど・・・」

私が黙ると、彼女が、

「そう。それは、子供の人生であって、私の人生ではないよね。」

それを聞いて、私は、うわぁ~と脱力してしまった。

やっぱり、自分のことは自分で幸せにするしかないんだぁ、と。

子育てをはじめ、誰かをサポートすることに喜びを感じる場面は、数え切れないほどある。

好きな人や家族、友達の頑張りが認められることは、自分のことのように嬉しいものだ。

だけど、それが自分の人生の全ベースになってしまうとしたら?

私は想像して、ちょっと怖くなった。

もっと色んなことを経験して、知らないものに出会ったり、出産してみたりすると、また考えが変わるのだろうか?いや、本筋はそんなには変わらない気もする。

輝きたいなら、自分が頑張るしかないんだ。誰かの反射で生きるのは、何だか、とても苦しいことのような気がした。

そして、輝く、と言うことは、決して大それたことじゃなく。

自分の為に、生きてみることを忘れない、と言うことなんじゃなかろうか。

それを奪う権利は、誰にもない。子供にも、夫にも、妻にも。

家族がいても、一日の中で十分でも十五分でもいい。一人の時間を持つこと。自分を幸せにしてあげることを忘れないで欲しい。そしてそれを欲しがることを、悪いことだって自分を責めたり、律したり、しないでみんなが生きられたらいいなぁ、と思う。

家入 レオ Leo Ieiri

1994年生まれ、福岡県出身。17歳のメジャーデビュー以降、ドラマ主題歌やCMソングなどを多数担当。2020年5月13日には自らが厳選したカバー楽曲も含む1st EP『Answer』をリリース。
16thシングル『未完成』(フジテレビ系月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜捜査〜』主題歌)のginzamagでのインタビュー:
家入レオ、愛と憎しみの区別がつかなくなった「未完成」
leo-ieiri.com
@leoieiri

Cover Illustration: Yui Horiuchi Edit:Karin Ohira  

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年8月号
2020年7月10日発売

GINZA2020年8月号

No.278 / 2020年7月10日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
もっと知りたい もっと観たい 映像クリエイターズ!

映像の中で見つける
夏ものがたり

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)