SEARCH GINZA ID

町山広美がつまづく! 男と女のエンタメ舗道 Vol.5

町山広美がつまづく! 男と女のエンタメ舗道 Vol.5

初夏の世間を夢中にさせた「紀州のドン・ファン」。その異名は、一昨年出版されていた自伝のタイトルにも。訪問販売からの出世物語と、美女4​000人とのお金で結ばれた関係を披露。そういえば、元妻に、女性遍歴をせっせと記録したノート「春の歩み」を暴露された有名脚本家もいた。

ヤリチン自慢はめずらしくもない。女の場合はどうかしら。その貴重な一例が、ペギー・グッゲンハイムだ。自伝『20世紀の芸術と生きる』の原書には、『ある美術中毒者の告白』と副題がつく。現代美術のコレクターとして偉業を残したが、中毒=addictに別の対象も読み取れるほどに、自伝の大半を恋愛遍歴、性体験が占める。46年の発表当時は当然、非難や嘲笑が向けられたという。

ドキュメンタリー 『ペギー・グッゲンハイム アートに恋した大富豪』は、死後に出版された評伝のためのインタビュー音声を核に構成されている。ペギーの話しぶりには余裕と愛嬌があり、「色情魔だったわ」と自分を笑ってみせもする。

79年に亡くなった彼女のヴェネツィアの私邸とコレクションは、そのまま美術館に。ペギー・グッゲンハイム・コレクションは、現代美術において世界屈指の名品をそろえる。その名が示す通り、ニューヨークのグッゲンハイム美術館は叔父が設立、富豪一族の出身だが、彼女が相続した財産はさほど多くない。誰もしたことのない試みを重ね失敗を重ねて、美術館を実らせた。

家族には奇行、自殺が多かった。容姿のコンプレックスに悩み、当時最先端の整形手術にも挑んだという。しかし写真を見て、言われているほど、不美人ではないと私は感じた。おしゃれが好きで、変わったデザインにも率先して手を出すタイプ。時代に合わなかったのが、不運だった。 「人生は落胆の連続」と振り返る彼女だが、パリに移住すると恋愛、性のお相手をたくさん試した。一回きりでも悪びれずに自慢するそのお相手は、美術界さらには文学界の大物だらけで、2度目の夫はあのマックス・エルンスト。自身も周囲のアーティストの多くもユダヤ人で、ナチスが退廃芸術として排除キャンペーンを進める中、多くの作品とアーティストのアメリカ脱出を成功させたのは彼女だった。ルーヴル美術館も理解が及ばない、後の美術界を牽引する新しい芸術を見出し、積極的に購入。多くのアーティストを援助し、時にベッドを共にした。毛皮を敷いた床の上でも。

父親が大好きだった。帰宅すると、飛びつくほど。帰宅が遅いと、愛人のとこに寄ったのねとわけ知り顏で迎えた。その父親がタイタニック号に乗船。他の人に救命具を譲って海に沈み、同乗の愛人は生き残った。ペギー13歳のできごと。

わかったふりをしていた自分を呪ったろう。愛人のとこなんか行くなと、素直に泣けばよかった。私はこの時彼女が、「わかる」を見限ったのだと思う。「わからない」を抱きしめる。それがペギーを現代美術の守護者にもしたし、たくさんのお相手を通り過ぎる人生にも運んだのではないか。


『ペギー・グッゲンハイム アートに恋した大富豪』

個人では世界最大級のコレクションを有する美術館「ペギー・グッゲンハイム・コレクション」。20世紀を代表するアートコレクションを築いただけでなく、数々の伝説を生みだしたペギー・グッゲンハイムを追ったドキュメンタリー。シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開中。

Profile

町山広美 Hiromi Machiyama

放送作家。『有吉ゼミ』『マツコの知らない世界』など数多くのテレビ番組の企画・構成を手がけ、『幸せ!ボンビーガール』ではナレーターを兼任。

Illustration: Naoki Shoji Text: Hiromi Machiyama

GINZA2018年10月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)