SEARCH GINZA ID

過去の未来を目撃せよ!中銀カプセルタワービル:東京ケンチク物語vol.9

過去の未来を目撃せよ!中銀カプセルタワービル:東京ケンチク物語vol.9

世界各国からの見学者も絶えない「中銀カプセルタワービル」が今回の目的地。丸窓のカプセルが積み上がるひときわ変わったこのビル、「50年前につくられた未来」なのです。

中銀カプセルタワービル

NAKAGIN CAPSULE TOWER BUILDING

中銀カプセルタワービル

銀座と汐留のちょうど中ほど。高層ビルが立ち並び、首都高がぐいっとカーブを決めるそのすぐ横に、かなり変わった風貌のその建物はある。丸い窓のついた小ぶりのカプセルを空高くまで積み上げた、その名も「中銀カプセルタワービル」。高度経済成長期から今世紀の初めにわたって長く活躍した建築家・黒川紀章による、1972年完成の怪作だ。

晩年に手がけた六本木の「国立新美術館」も知られる黒川だけど、最大の功績はやはり「メタボリズム」と呼ばれる建築思想を広く世界に知らしめたこと。1950年代から70年代にかけて、時の若手の建築家やデザイナーが意欲的に展開したこの思想、〝新陳代謝(メタボリズム)〟との言葉の通りに、社会の変化に伴って、建物も生物のように新陳代謝し、変化していくべきものだという考えだ。

……え、建物が変化するの?どうやって?と思うでしょう?その答えのひとつがこの「中銀カプセルタワービル」なのだ。遠目からだと積み重なっているように見える各カプセルだが、近くで見ると各カプセルの間には隙間があるのがわかる。実はこれ、中央の鉄筋コンクリートの塔の部分に突き刺すようにして固定してあるのだ。だからカプセルは交換可能。必要に応じて減らすこともできるし、同じようなコンクリートの塔を建てれば増殖も可能。生き物みたいに成長できるというわけだ。カプセルはそれぞれが住居ユニットで、高さ約2・5×幅約2・5×奥行き約4​m。片側の壁面いっぱいに棚やラジオが作りつけられ、小さなバストイレがついた最小限の住空間だ。

実際には建物の完成以来ほぼ半世紀、カプセルの交換は実現していないのだが、できていればかなり面白かっただろうことは想像に難くない。カプセルひとつを取り外して、車で引っ張ってグランピングに出かけるとか(黒川自身、同じような構想を持っていたらしい)、いくつかのカプセルをまとめて所有し、ベッドルーム、書斎、リビング、バスルームなど機能もインテリアも変えて使うとか……。「いろんな住み方・使い方ができる」は今でさえ家を建てるときに使われるキーワード。暮らし方や社会の変化に寄り添ってくれる建物ができるとしたら。建築家の描いた未来のかたちが、この建物にはある。

黒川紀章は、1979年には大阪に世界で初めてのカプセルホテルを完成させている。「中銀カプセルタワービル」は最小限かつ新陳代謝をする住居の原型。老朽化によって2007年に取り壊しがいったん決定するなど、存続が危ぶまれる建物でもある。住民を中心とした有志の「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト(www.nakagincapsuletower.com)」が、見学ツアーや月単位でのカプセル貸し出し「マンスリーカプセル」を行うなどの保存活動を行っている。

東京都中央区銀座8-16-10
JR、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線、新交通ゆりかもめ新橋駅より徒歩10分。

Illustration: Hattaro Shinano Text: Sawako Akune Edit: Kazumi Yamamoto

GINZA2019年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年4月号
2020年3月12日発売

GINZA2020年4月号

No.274 / 2020年3月12日発売 / 特別定価860円(税込み)

This Issue:
花とファッション

どんなときでも
花と一緒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)