SEARCH GINZA ID

ヴィンテージマンションの名作。南国のコンドミニアムのような「泰山館」:東京ケンチク物語vol.13

ヴィンテージマンションの名作。南国のコンドミニアムのような「泰山館」:東京ケンチク物語vol.13

今回訪ねるのはヴィンテージマンション。苦労も多いけどいいこともたくさん。時代を映した、今ではお目にかかれないデザインに心惹かれます。

泰山館
TAISANKAN

泰山館

表参道を出て次に向かうヴィンテージマンションは、駒沢公園からも遠くない目黒区の住宅街の一角。長いアプローチの先に現れる「泰山館」だ。ゲートをくぐってまず出合うのは、緑の生い茂る中庭。初夏に香りのいい真っ白な花を咲かせるタイサンボク(泰山木)の大木を中心に、ハナミズキ、ザクロ、イチジク、モミジ……と、100種以上の植物が四季ごとに花を咲かせ、実をつける。建物は、この中庭を取り囲む「コ」の字形。コンクリート打ち放しの構造体に、漆喰の白と手すりや窓枠の無垢木の茶色、レンガの黒が映える3階建ての低層の建物で、木々の中から聞こえてくる鳥の声ともあいまって、どこか南国の小さな村にでも紛れ込んだような印象だ。

泰山館
渡り廊下。幾何学模様を描く白色のブロックは
ここのために特別につくったもの。

 大小34の住戸が入るこのマンションは、1990年の完成だから築30年。元は農地だったという約1
000坪の敷地に集合住宅を建てるため、建築家・泉幸甫とオーナーや知人たちのグループで勉強会を重ね、〝集って住む〟ことの理想を形にしたという。34の住戸が、すべて異なるプランなのは、その理想のひとつだろう。それぞれの部屋の向きや階数に合わせて個別にデザインされていて、下の階には下の階なりの、上の階には上の階なりの魅力があり、自分が住むならどこがいいだろう?と迷ってしまう。たとえば「同じプランだから下の階より上の階がいい」とか、あるいは「この部屋は採光がいいから」だとか……。

泰山館
ところどころに見つかるモザイクタイルのアクセント。

一般的な集合住宅の部屋を選ぶときに出てきがちな言葉は、「泰山館」にはまったく無縁だ。窓のとり方、つくりつけのキッチンや家具、素材の選び、中庭とのつなげ方……。どの住戸も、家を一軒ずつ考えるように丁寧につくられた集合住宅。長く住み続ける住人が多く、オリジナルが保たれているというのも納得の、建築家とオーナーの愛情あふれるヴィンテージマンションだ。

1990年完成。地上3階建て。設計を手がけた泉幸甫は1947年生まれの建築家。どこか和のテイストを感じるモダンな住宅を数多く手がけている。なかでもオーナーと勉強会をするなどの時間をかけてつくったこちらは異色の作品。住戸はどれも収納が多く、玄関ドアのデザインが一戸ずつ違うなど個性豊か。植物や木々の変化につれて季節ごと、時間ごとに表情を変える中庭には、パーゴラやベンチなども設置されていて、住人は自由に過ごすこともできる。

東京都目黒区東が丘1-16-17
www.taisankan.jp
入居の問い合わせ等はHPから。東急田園都市線駒沢大学駅より徒歩12分。

Illustration: Hattaro Shinano Text: Sawako Akune Edit: Kazumi Yamamoto

GINZA2020年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年6月号
2020年5月12日発売

GINZA2020年6月号

No.276 / 2020年5月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
東京LOVE いつだって好きな場所

好きな場所を想う
新緑の季節です。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)