SEARCH GINZA ID

最新マンションにはない、60年代建築家の気概が詰まった「ビラ・ビアンカ」:東京ケンチク物語vol.14

最新マンションにはない、60年代建築家の気概が詰まった「ビラ・ビアンカ」:東京ケンチク物語vol.14

今回訪ねるのはヴィンテージマンション。苦労も多いけどいいこともたくさん。時代を映した、今ではお目にかかれないデザインに心惹かれます。

ビラ・ビアンカ
VILLA BIANCA

ビア・ビランカ

最後に訪ねた「ビラ・ビアンカ」が、建築家・堀田英二の設計で原宿から千駄ヶ谷へと向かう明治通り沿いに完成したのは1964年。築56年も経つのに、ガラス張りのキューブがぽこぽこと飛び出した外観は、周りのどんな最新の建物より未来的に見えるから感動してしまう。ピクセル・デザイナーのten_do_tenさんは、20年前にここの一室を購入し、妻で糸編家のjungjungさん、猫のうずらちゃんと住む。

ビア・ビランカ
共用廊下のど真ん中にある、
建物を貫くガラスブロックの筒。

「古い物も建築も好きで、買うならヴィンテージマンションがよかった。30〜40軒見て回ってここに決めました。高校生の頃、ここの地下に有名なクラブがあって、当時から憧れの建物だったんです」

en_do_tenさん一家が住むのは、建設当初のオリジナルのキッチンがそのまま残る数少ない住戸。スチールと木を組み合わせたSFチックなフォルムのこのキッチンがリビングで絶大な存在感を放つ。

ビア・ビランカ
竣工当時のままのオリジナルのキッチン。
コンロ、シンク……とすべてのパーツが
デザインされた気合の一作。

「とはいえ何しろ古いので、ふたつのシンクのうちひとつは使えない(笑)。ほかにも不便は数えあげればきりがないけれど、60年代の建築家の気概が隅々にまで行き渡っていて、こんなふうにこだわり抜いたマンションが、今ほかにどこにあるだろうって思うんです。最新の通り一遍なマンションでは決して得られない、建築としての充実感がここにはある。僕らはふたりともクリエイターで、ここにこもって孤独に仕事をすることも多い。そんなとき、信念のある人がつくり上げた建物にいるんだ、ってことが、そこはかとない安堵感を与えてくれる気がします」

一日のうちの決して短くない時間を過ごす場所が、心から愛着が持てる空間であってほしいのは当然のこと。それぞれに個性的な「ヴィンテージマンション」は、だからこそ魅力的な選択肢なのだ。

1964年完成。地上8階、地下2階建て。1フロアごとにバルコニーが挟まれて、住戸が宙に浮かんでいるように見える個性的な建築。このマンションを第1号として、同オーナーで「ビラ」を冠したマンションが渋谷区内に6棟つくられた。堀田のほか、3棟をル・コルビュジエのもとで学んだ坂倉準三の事務所が手がけるなど、いずれも著名な建築家を採用していて「デザイナーズマンション」の先がけ的存在。

東京都渋谷区神宮前2-33-12
見学は不可。
JR山手線原宿駅徒歩9分、東京メトロ副都心線北参道駅徒歩8分、銀座線外苑前駅徒歩13分。

Illustration: Hattaro Shinano Text: Sawako Akune Edit: Kazumi Yamamoto

GINZA2020年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)