SEARCH GINZA ID

バウハウスのエッセンスが宿る「三岸アトリエ」:東京ケンチク物語 vol.35

バウハウスのエッセンスが宿る「三岸アトリエ」:東京ケンチク物語 vol.35

モダンデザインの源流のひとつ、バウハウス。そのエッセンスが宿るアトリエ兼住居を中野区に訪ねました。シンプルで機能的な美学が隅々に行き渡る空間に身を委ねます。


三岸アトリエ
ATELIER MIGISHI

デザインや建築をすこし好きになると、必ずといっていいほどに出くわす“バウハウス”という言葉。そもそもバウハウスとは、1919年にドイツ・ワイマールに開校した美術学校の名前。工芸・写真・デザイン・美術・建築など総合的な教育を行ったここは、ナチスドイツによって33年に閉校を余儀なくされるまでわずか14年間の存在だが、その功績は甚大。モダンデザインの礎を築き、いまだに私たちの身近にある世界の造形芸術に影響を与え続けている。学校が存在した期間の短さもあり、ここに通った日本人は3人きりだが、建築家・山脇巌はその1人。30年に留学し、近代建築の巨匠、ミース・ファン・デル・ローエら錚々たる講師陣に学んで32年に帰国、建築家としての活躍の傍ら、日本大学芸術学部の土台をつくるなど数多くの足跡を残した。

鷺ノ宮駅前の商店街を抜けた住宅街の中に建つ「三岸アトリエ」は、その山脇による帰国後まもない34年の作品だ。画家である三岸好太郎・節子夫妻が、知人の山脇に依頼したもので、木造2階建て。白い箱を組み合わせた外観は、線の細さがどこか豆腐を思い出す佇まいだ。メインの空間は2層吹き抜けのアトリエで、南東側を大きなガラス窓が切り取り、華奢な螺旋階段がインテリアを引き締める。それ自体が多くの建築家に衝撃を与えたバウハウスの校舎建築によく似た外観やディテールが散見されるが、特筆すべきはこの建物が木造であること。シンプルさと機能性が同居したバウハウスの美は、コンクリートや鉄骨という頑強な素材あってこその部分も大きいが、山脇は限られた予算の中、木造でこの空間を実現したという。“日本ならではのバウハウス”だ。現在の玄関は後の増築部分で、もとのエントランスは窓越しにアトリエを眺めながら横切って入る場所にあったというから、山脇や三岸のこの空間への自信に感じ入る。建物は築90年に迫り、改修を重ねて変更された部分も多いが、完成当初のエッセンスは確実に残る。日本のモダンのスタート地点を感じる建築だ。

三岸アトリエ

住所: 東京都中野区上鷺宮2-2-16
TEL: 050-3556-0394

西武新宿線鷺ノ宮駅より徒歩9分。

三岸好太郎は完成を待たずに30代のはじめで夭逝し、妻の節子がアトリエ兼住居として長く住んだ。若くして洋画界の鬼才といわれた好太郎と、女性洋画家で初めての文化功労者となった節子、ともに美術史に名を残すアーティストである。建物は2014年に国の登録有形文化財に指定されている。CMや映画などの撮影や、展示会、個展などにも利用可能なほか、一般の見学も可能。不定期でカフェを開催するほか、無料のアトリエ公開日あり。アトリエのSNSで情報を随時更新している。個人の見学も受け付けているので、希望の際はHPから問い合わせのこと。

Illustration: Hattaro Shinano Text: Sawako Akune Edit: Kazumi Yamamoto

GINZA2022年5月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年12月号
2022年11月11日発売

GINZA2022年12月号

No.306 / 2022年11月11日発売 / 特別定価880円

This Issue:
今、研ぎ澄ましたいのは
ヴィンテージ感覚!

ムードが高まる
新解釈ヴィンテージ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)