SEARCH GINZA ID

平田晃久が設計を手がけたカプセルホテル「ナインアワーズ 赤坂 スリープラボ」:東京ケンチク物語 vol.36

平田晃久が設計を手がけたカプセルホテル「ナインアワーズ 赤坂 スリープラボ」:東京ケンチク物語 vol.36

寝るためだけのものだった「カプセルホテル」は、大きく様変わりしました。小さくても満ち足りた気持ちで眠りたい!そんなワガママを叶える宿泊施設を訪ねます。


ナインアワーズ 赤坂 スリープラボ
9h Akasaka Sleep Lab

ベッドの入った小さなユニットが縦横に重なり、その中に人々が泊まる宿泊施設「カプセルホテル」。手に届くところにテレビや棚、電源など工夫を凝らした設備がそろっていて“寝るだけ”ならば十分なうえ、一人分の宿泊スペースが通常のホテルよりずっとコンパクトで済むから、宿泊費も格段に安い。この「カプセルホテル」という形態の登場は1970年代の終わりの大阪。これが終電後まで働く会社員や、出張の宿泊費を節約したい人々などに支持されて日本各地に広がっていく。高度経済成長期の日本を象徴するような形態だ。それから40年あまり。カプセルホテルの現在地点を教えてくれるのが、赤坂の繁華街から少し道をそれた場所に建つ「ナインアワーズ 赤坂 スリープラボ」だ。

設計を手がけたのは平田晃久。1971年生まれの平田は、2012年にヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展・金獅子賞を受賞するなど、いまの日本の建築界を担う一人。作品にはいつも、呼吸する生命体のような空気が宿る。この建築もそんなひとつだ。

外観は四角い箱が前後左右にずれながら4層に積み上がったような形で、“ずれ”の部分や外側にテラスが設けられて緑が生い茂る。さらにそれぞれの箱は大部分がガラス張りで、内部のカプセルが口を開けているのが見える。従来型の同様の施設では、カプセルが廊下に向けて出入り口が同方向に並んでいるケースが多いが、ここでは上段と下段の各2個を90度回転させた、4個で1ユニットのキューブをずらしながら配置しているのが特徴的。ユニットの向きや上下によって、見える景色やこもり感がそれぞれに違うから、宿泊者の好みに合ったポジションが見つかる。さらにプロダクトデザイン界のトップランナー、柴田文江によるカプセル自体も、身体を心地よく包み込む設計で快適そのもの。「寝るだけだからカプセルホテルでいい」ではなくて、「あそこで寝たい」と思わせる、カプセルホテル。デザインの力が、昔からある業態に新たな価値を生んだ好例だ。

ナインアワーズ 赤坂 スリープラボ

住所: 東京都港区赤坂4-3-14
TEL: 03-5545-1565

168室(男性80室、女性88室)、1泊 ¥4,900〜。東京メトロ赤坂駅から徒歩4分、東京メトロ赤坂見附駅から徒歩7分。

2018年完成。21年に「スリープラボ」を冠してあらためて開業し、睡眠解析サービスを始めている。この睡眠解析事業は、身体を360度囲む筒状のベッドというカプセルホテルならではの利点を生かして、センサーつきのカプセル内で希望者の睡眠状態を測定し、睡眠の質や呼吸状態などを判定するもの。体動、いびき音、無呼吸状態などの測定結果が睡眠レポートとして送付される。睡眠状態が気になる人たちの利用も増えているそう。睡眠は健康状態と強く結びつくので、今後の展開に大きな期待が寄せられる。公式サイト

Illustration: Hattaro Shinano Text: Sawako Akune Edit: Kazumi Yamamoto

GINZA2022年6月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

バウハウスのエッセンスが宿る「三岸アトリエ」:東京ケンチク物語 vol.35

バウハウスのエッセンスが宿る「三岸アトリエ」:東京ケンチク物語 vol.35

ヨーロッパと日本の近代建築の美点が出合った住宅建築の名作「江戸東京たてもの園 前川國男邸」:東京ケンチク物語 vol.34

ヨーロッパと日本の近代建築の美点が出合った住宅建築の名作「江戸東京たてもの園 前川國男邸」:東京ケンチク物語 vol.34

“余白”のある設計が面白い「東京都現代美術館」:東京ケンチク物語 vol.33

“余白”のある設計が面白い「東京都現代美術館」:東京ケンチク物語 vol.33

“家”へのあらゆる固定観念を打ち砕く「三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー」:東京ケンチク物語 vol.32

“家”へのあらゆる固定観念を打ち砕く「三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー」:東京ケンチク物語 vol.32

近所の人々の暮らしの一部になった幸せな名建築「ユートリヤ すみだ生涯学習センター」:東京ケンチク物語 vol.31

近所の人々の暮らしの一部になった幸せな名建築「ユートリヤ すみだ生涯学習センター」:東京ケンチク物語 vol.31

日本最古の洋式音楽ホール「旧東京音楽学校奏楽堂」:東京ケンチク物語 vol.30

日本最古の洋式音楽ホール「旧東京音楽学校奏楽堂」:東京ケンチク物語 vol.30

新宿の喧騒を外れた場所に建つお屋敷建築「小笠原伯爵邸」:東京ケンチク物語 vol.29

新宿の喧騒を外れた場所に建つお屋敷建築「小笠原伯爵邸」:東京ケンチク物語 vol.29

渋谷区内の公共トイレが生まれ変わる「THE TOKYO TOILET」:東京ケンチク物語 vol.28

渋谷区内の公共トイレが生まれ変わる「THE TOKYO TOILET」:東京ケンチク物語 vol.28

多くの文人たちが愛したことでもよく知られる宿「山の上ホテル」:東京ケンチク物語 vol.27

多くの文人たちが愛したことでもよく知られる宿「山の上ホテル」:東京ケンチク物語 vol.27

おとぎ話の世界へ迷い込んだような気持ちが訪れる「日生劇場」:東京ケンチク物語 vol.26

おとぎ話の世界へ迷い込んだような気持ちが訪れる「日生劇場」:東京ケンチク物語 vol.26

銀座の新しい“水の風景”「ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店」:東京ケンチク物語 vol.25

銀座の新しい“水の風景”「ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店」:東京ケンチク物語 vol.25

多くのクリエイションを生み出したアトリエ「岡本太郎記念館」:東京ケンチク物語 vol.24

多くのクリエイションを生み出したアトリエ「岡本太郎記念館」:東京ケンチク物語 vol.24

渦巻きながら上っていく螺旋を思わせる複合文化施設「スパイラル」:東京ケンチク物語 vol.23

渦巻きながら上っていく螺旋を思わせる複合文化施設「スパイラル」:東京ケンチク物語 vol.23

PICK UP

MAGAZINE

2022年12月号
2022年11月11日発売

GINZA2022年12月号

No.306 / 2022年11月11日発売 / 特別定価880円

This Issue:
今、研ぎ澄ましたいのは
ヴィンテージ感覚!

ムードが高まる
新解釈ヴィンテージ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)