SEARCH GINZA ID

恋愛部長「大人の恋の歩き方」vol.27 恋のサイレントキラー、その名もPMS。

恋愛部長「大人の恋の歩き方」vol.27 恋のサイレントキラー、その名もPMS。

前回のお話… vol.26 年下男子のススメ


PMS(Premenstrual Syndrome)、すなわち月経前症候群。
女性だったら誰しも経験あると思うんですが、PMSほど厄介なものはありませんよね。恋愛中の女子にとって。
なぜならPMSって、生理中の「おなかいたーい」「頭ズキズキー」とはまた違って、わりとぬーっと毎日の生活に入り込んできて、気付かない時があるから。
「なぜかネガティブな思考にどんどん巻き込まれていく・・・」とか、「どう考えても自分は無価値だ」とか、「彼とはもう付き合っていけない。別れるしかない!」って突然破滅的思考に囚われたら。そして、感情のコントロールが効きづらく、ド~ッと怒りが吹き上げてきてしまったりしたら。まず、PMSを疑いましょう。

実を言うと私は、ほんとにこのPMSで彼氏を2人ほど失ってます(爆)。しかも、その時はまったく自覚症状なしでした。
ただ、いつもだったら流してる彼の言動が急にイラっと来て、他の女の子とニコニコ喋ってる姿にもカッとなって、いらないこと口走って一発免停、振られた時も。付き合ってる彼と旅行中に、なぜかぎゅんぎゅん悪い発想が襲ってきて、とにかく不安で不安で、彼にその不安をぐわーってぶつけてまくし立てて、彼の胸元をポカポカ殴って泣いて喚いた時も。
どっちも、次の週に生理が来たのであとから気づいた。「マジか!!!!先週のアレは、PMSだったのか!!!!」と。もちろん、どっちもあとの祭りで、きっちり振られてます。

それもそうです。男性ってのは、女性に感情的に攻められるのが大嫌い。
女性の脳は、理性と感情を結ぶ回路が太いので、すぐに切り替わって便利なんですが、男性はそうではない。なかなか切り替えられないがゆえに、感情的になることを恐れている節がある。だから女性にワーワー感情的に言われるとドン引きしてしまう。巻き込まれる恐怖を感じる。
昔、ケンカした彼氏の家に、激情に駆られて夜中押しかけて、めっちゃピンポンしたことありますが、彼氏、ビビって家から出てきてくれませんでした。

そもそも恋愛中って、付き合っている人に対して感情的になりやすいじゃないですか。ちょっとしたことで不安定になるし、「なんで?どうして?」「私のこの不安定で泣きたい気持ちをなんとかして!!!」って相手にぶつけがち。
でも、それホント、やめたほうがいいんですよね。ぶつける前に、できれば誰か女友達に吐き出したり、鍵垢にぶちまけたり、とにかく何でもいいから、好きな男に直撃するのだけは避けたい。絶対に、男はそういうのを見ると「ああ、俺にはこの子は受け止めきれない!」ってなるからね。

で、PMSなんですけど、何が怖いって、自覚症状もなくいつの間にかネガティブ発想に頭を乗っ取られてる、ってとこだと思うんです。普段だったら全然気にしないような些細なことが気になったり、別に不安も何もあるはずない二人の関係に、暗い未来の影が見えたり。

それはすべてネガティブバイアスのせいです。そもそも脳みその根底が、ネガに行くようにセットされちゃってる。
生理さえ終われば、急に目の前の霧が晴れて、「あれ?なんであんなに不安になったり、この世の終わりのような気持ちになったんだ???」って不思議に思う。

女性がつらいのは、この霧が晴れて明るい気持ちでいられる2週間と、何かとネガティブで体が重くて、イライラしてしまう2週間が必ず交互にやってくるってことで。2週間ごとってつまり、50%は不安でイライラしてる人ってことじゃんね!実は。そこまで長いと、もはや自分の人格の半分は、ネガティブって言ってもいいんじゃないか、的な・・・。

でも、ちがうんです。PMSや生理中にネガティブ発想に支配されているのは本来のあなたではない。絶対に、その時の暗い顔があなたの本質であるはずがないのです!だから、ぜひ皆さんにはそういう意識を持っていてほしいし、スケジュール表でしっかり生理の日程を把握しておいてほしい!そして、もしできるなら、男性たちを教育してほしい!!
「女性は、月に1〜2週間ほど自分ではコントロール不能なほど、イライラしてネガティブになる時期が来るけど、それは不本意なんだ!こっちも好きでそうなってるわけじゃないんだ!だからどうか大目に見て!!」って。

ちなみに私、夫と結婚する前に、その話はめっちゃしました。PMSから生理の間、いかに自分が別人格になるか。どうかビビらず、気にせず、怒り返さず、できることなら優しく見守ってほしい、と。
うちの夫は「なんかよくわからんけど・・・」と首をひねりつつ、私がガオーッと吠えてもわんわん泣いても、「はいはい、生理なんだね。しょうがないね。」と見守ってくれてます。ありがたいです。

こういうのって、きっと感覚的に、男性は全然わからないと思うんですよ。
分からないから「この子って情緒不安定なのかな?」「なんか急に感情的になって怖い・・・」と引いちゃうんですね。だから!引かれる前に、自己申告!大事な人に、理解してもらえるその日まで。できる限り理路整然と説明しておこう、PMSになる前に(←ここが大事)。

皆さんも、どうかお気をつけて。生理は始まればわかるけど、PMSは意外とわからない。気づけば脳みそ支配されてますからね!
ちなみに、甘いものが急に食べたくなったときとか要注意です。イライラしたり、暗い気持ちになったら、絶対に、絶対に、ですよ?彼氏には会わないで
ね。それが、散々やらかしてきた人生の先輩としての私からのせめてものアドバイスです。
お互い、PMSと折り合って、うまいことやっていく方法を見つけましょう。
そして生理の時は自分に優しく、体を温かくして無理せず休んでくださいね。

 

恋愛部長 れんあいぶちょう

20代に恋愛で失敗を繰り返したことから、様々な独自の恋愛理論を編み出し、2008年から恋愛ブログ「恋はいばら道」をスタート。過去の失敗談を披露したり、多くの人の恋愛相談に乗ったりしている。私生活では、38歳で留学を機に当時結婚を考えていた彼氏と別れ、40歳で知り合った現在の夫と結婚、出産。現在は、広告代理店で働くかたわら、1男1女を子育て中。著書に、『28歳からの必勝ルール~恋愛部長の恋のムチ』『にっちもさっちもいかない恋がうまくいく本』(大和出版)。

HP: http://renaibucho.com
NOTE(恋愛相談): https://note.mu/renaibucho

カシワイ

装画や挿絵などのイラストレーションや漫画を描く。リイド社より単行本『107号室通信』を刊行。

HP: sankakukeixyz.wixsite.com/kfkx
instagram: @kfkx_
twitter: @kfkx_

Text: Renaibucho Cover Illustration: KASHIWAI

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号
2021年4月12日発売

GINZA2021年5月号

No.287 / 2021年4月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
カラフルを着て街へ出たい

思い切って色を楽しむ
春のファッション

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)