蓮沼執太がGINZAガールに薦めるプレイリスト vol.1「Such a wonderful 2018」

蓮沼執太がGINZAガールに薦めるプレイリスト vol.1「Such a wonderful 2018」

音楽を軸にしながら、アート、舞台、広告などで自由自在な活躍を見せる蓮沼執太さん(音楽家・作曲家)が、GINZAガールのためにテーマごとに選曲するプレイリスト連載がスタート! 初回となる今回は、冬休みの間に「2018年はこんな年だったな〜」なんて振り返りながら聴きたいプレイリストを選んでいただきました。


Shuta Hasunuma
 音楽家・作曲家

 

Playlist Theme:Such a wonderful 2018

「はじめまして、蓮沼執太です。この連載は、僕がテーマを決めて毎月音楽のプレイリストを紹介していく企画なのですが、初回の今回は12月!もう年の瀬です。なので、今年2018年リリースされた新譜の中からセレクトしてみました。つまり今年一年を振り返る『2018年新譜しばり|Such a wonderful 2018』。しかも初回ということで特別ボリューミーになっております。ジャンルはアメリカとヨーロッパのヒップホップ、エレクトロニック・ミュージックが多いですが、幅広い音楽を選んでいるので色々なシーンに合うかもしれません。今年は個人的にはロックをあまり聴けなかった一年でしたけど、その分このプレイリストにあげた楽曲たちは『最新鋭』とも呼べる、色々な実験がつまった素晴らしい音楽プロダクションです。さらに、今年は日本の音楽も刺激的な新譜が多かったし、特にアジアの音楽もとても面白かったです。Howie Lee は中国・北京の人気プロデューサーで来日もしていますが、ドンドンと時代の先を行くような、僕らの期待をいつも良い意味で裏切り続ける素晴らしい音楽家です。最新の音楽の魅力って、聴いていて新しい波を感じることが出来るところなんですよね。どうしても音楽家視点になっちゃいますけど、新しい音色とその使い方だったり、いろいろな『音』に着目してしまいます。これは職業病ですね(笑)。でも、たくさんの新しい音楽に出会えることは生活を豊かにしてくれるし、日常を活気づけてくれます。そして特に新譜というのは『今』の時代性を色濃く反映していて、音楽を入り口としてたくさんのことを学べます。今年も良い一年でした、ありがとうございました。そして、プレイリスト連載、よろしくお願いします。次は何をテーマにしようかな?」

 

1 Q-Tip feat. Demi Lovato : Don’t Go Breaking My Heart

2 Moodymann : Got Me Coming Back Rite Now

3 Oliver Coates : A Church

4 Amber Mark : Love Me Right

5 Ezra Collective feat. Jorja Smith : Reason in Disguise

6 Mr. Fingers : Electron

7 Max Richter : A Catalogue of Afternoons

8 Howie Lee : Dry Prayers, No Echoes

9 Bunny Michael feat. Eartheater : Lazarus

10 Yung Lean & Thaiboy Digital : King Cobra

11 Sami Baha feat. Dimzy : Discreet

12 DJ Koze feat. Róisín Murphy : Illumination

13 Air Max ’97 : Mirrored Gate

14 Kate NV : вас YOU

15 Da-P & theMIND feat. Sun : Ms. Communication

16 Jlin Rework by Bjork : Arisen My Senses

17 Saba feat. Chance the Rapper : LOGOUT

18 Mount Kimbie : Four Years And One Day (Marcel Dettmann Remix)

19 Oren Ambarchi, Konrad Sprenger & Phillip Sollmann : Panama

20 Jpegmafia : Baby I’m Bleeding

21 Jpegmafia : DD Form 214

22 Aïsha Devi : DNA ☤ ∞

23 Paul de Jong : You Fucken Sucker

24 Elza Soares : Firmeza (Kastrup Re-edit)

25 Midori Takada & Lafawndah : Le Renard Bleu

26 Lindstrøm feat. Ronika : Didn’t Know Better

27 Vessel : Argo (For Maggie)

28 Kelly Moran : Helix

29 Eli Keszler : Measurement Doesn’t Change the System At All

30 Playboi Carti feat. Travis Scott : Love Hurts

31 FATIMA : Westside

32 Lucrecia Dalt : Tar

33 Demdike Stare : Cracked

34 Jun Kamoda : Surreal Tongue In Northern Osaka

35 Sleep : The Sciences

36 Marie Davidson : So Right

37 Tirzah feat. Coby Sey : Devotion

38 Eris Drew : Hold Me (T4T Embrace Mix)

39 James Blake : If The Car Beside You Moves Ahead

40 Overmono : Daisy Chain

41 Laurel Halo : Raw Silk Uncut Wood

42 cupcakKe : 2 Minutes

43 Pusha T : If You Know You Know

44 Nas feat. The-Dream and Kanye West : everything

45 NONAME : Blaxploitation

46 Actress & London Contemporary Orchestra : Hubble

47 ZULI feat. Abyusif : Archimedes

48 Low : Disarray

49 Philip Sanderson : Mixing Drinks & Aeroplanes

50 Earl Sweatshirt : December 24

51 Klein feat. Diamond Stingily : Collect

52 Neneh Cherry : Deep Vein Thrombosis

53 食品まつり a.k.a Foodman : MIZU YOUKAN

54 Efdemin : Love

55 Grouper : Parking Lot

 

蓮沼執太さん選曲のプレイリスト
@Apple Music は、こちらをクリック!

 

※「49 Philip Sanderson : Mixing Drinks & Aeroplanes」に関してのみ、Apple Music上で取り扱いがないため、気になる方はSoundCloudでお聴きください。

Design & Illustration: Kohji Fukunaga, Mana Yamamoto Edit: Karin Ohira, Milli Kawaguchi

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年6月号
2019年5月11日発売

GINZA2019年6月号

No.264 / 2019年5月11日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
初夏の新スタンダード

勝手に新スタンダード!

GINZAスタンダード委員会(スタイリスト、ファッションディターで構成)で、2019年春夏の定番スタイルやアイテムを20項目、勝手に決めました!...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)