ルーツは実話。社会派作品が公開中!『ブラック・クランズマン』『バイス』etc. 4月号G’s REVIEW

ルーツは実話。社会派作品が公開中!『ブラック・クランズマン』『バイス』etc. 4月号G’s REVIEW

 

ブラック・クランズマン

ブラック・クランズマン

1979年、コロラド州の街で唯一の黒人刑事が白人至上主義を掲げる秘密結社 “KKK” の悪事を暴くべく、潜入捜査を行った。黒人刑事ロン(ジョン・デヴィッド・ワシントン)が電話で黒人嫌いの白人のフリをし、白人刑事フィリップ(アダム・ドライバー)が 彼の身代わりとなって動く、という大胆不敵な方法で。まさに嘘みたいな実話をもとにスパイク・リーが映画化した本作は、人種を一括りにしていがみ合う時代からの解放への願いでもある。

TOHOシネマズ シャンテほか公開中。©2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

 

ビリーブ 未来への大逆転

ビリーブ 未来への大逆転

アメリカ合衆国最高裁判所の現役の判事であり、超クールなおばあちゃん、ルース・ベイダー・ギンズバーグの半生を女性監督ミミ・レダーが描く。1956年、ハーバード法科大学院に入学したルース(フェリシティ・ジョーンズ)だが、当時500人の生徒のうち女性は9人、卒業後も彼女を雇う法律事務所はゼロだった。夫マーティ(アーミー・ハマー)に支えられながら、彼女は法律における性差別を是正する闘いに挑み、自らの未来を変えていく。

TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開中。©2018 STORYTELLER DISTRI BUTION CO., LLC.

 

バイス

バイス

役作りのために体型を変幻自在に操る俳優、クリスチャン・ベールが、本作では元副大統領ディック・チェイニーにそっくり変身(ブッシュもパウエルもそっくり)。コメディ畑のアダム・マッケイ監督のおふざけに、規模の大きい“サタデー・ナイト・ライブ”かよと笑っていると、9.11後のアメリカからイラク戦争へと物語は進み、笑えない現実を突きつけられる。しかし、ここまで存命する政治家たちや同胞を風刺できるアメリカってすごい。

4月5日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開。©2019 ANNAPURNA PICTURES,LLC. ALL rights reserved.

Recommender: 小川知子

ライター・編集者。映画、カルチャーまわりのインタビューを好んでやっています。

GINZA2019年4月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)