梅雨の間は読書に耽りたくなる、センチメンタルな3冊 6月号G’s REVIEW

梅雨の間は読書に耽りたくなる、センチメンタルな3冊 6月号G’s REVIEW

『ディスタント』

ディスタント

(ミヤギフトシ /河出書房新社/¥1,800)

本の中が金色だ。語り手の記憶が照らすのは、1980年代〜2000年代初頭の沖縄、大阪、東京とニューヨーク。隔てられているはずの時間と場所がつながって、混ざりながら明度を増していく。「僕」とその同級生、写真の被写体になるニルスやダニエル、友人たち。登場人物たちと同様、あるいはそれ以上に、映画や音楽、ゲームの固有名詞が動き回ってセンチメントを運んでくる。写真や映像、文章などで作品を発表する現代美術作家による初小説集。

 

『路地裏の子供たち』

路地裏の子供たち

(スチュアート・ダイベック/柴田元幸訳/白水社/¥2,800)

シカゴの下町、移民が集まる工業地帯に張り巡らされた路地裏を、少年少女たちが駆け抜ける。貧しさや不穏さが充満する路上には、猫の合唱が響き渡り、香ばしいウエハースや甘やかなリンゴ飴の香りが漂っている。子ども時代の冒険の速度と想像力による時間の跳躍、奇妙な大人の奇妙な優しさを思い出しては、懐かしいという感情には場所や時代の制限がないことを知る。子どもを描き続ける米国人作家のデビュー短編集、待望の日本語訳が完成。

 

『さよならアメリカ』

さよならアメリカ

(渋谷直角/扶桑社/¥1,200)

時代の空気を、特異な立ち位置から見つめてエグって、コミカルに読ませる渋谷直角による長編漫画。アメリカンカントリー風リノベを施した部屋に住み、東京郊外でダイナーを営む、アメリカかぶれの安藤(アンディ)。静かで平穏だった彼の日常は、アンディ・ウォーホルの未発表スケッチブックと出合ったことで、濁流にのまれ遠くへ押し流されていく。感情の置きどころに迷いながらも読みすすめれば、人の優しさや正しさについて考えるきっかけがつかめそう。

Recommender: 鳥澤 光

ライター、編集者。本と漫画に連れられて、アメリカと沖縄に行きたくなる3冊になりました。

GINZA2019年6月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)