前田敦子、入魂の主演『旅のおわり世界のはじまり』etc. 7月号G’s REVIEW

前田敦子、入魂の主演『旅のおわり世界のはじまり』etc. 7月号G’s REVIEW

 

旅のおわり世界のはじまり』 

映画「旅のおわり世界のはじまり」

美しい国、ウズベキスタンを訪れたテレビリポーターの葉子が“伝説の怪魚”を探す。という冗談みたいな導入から、黒沢清監督らしく不穏なムードの中、どこに連れていかれるかわからないまま、葉子の奥に潜む葉子が解放されていく、というかなり私的な物語だ。確かに、自分と向き合わないまま世界と対峙すると、迷子どころか迷宮入りしてしまう。自分がどう見るかで、世界の映り方は180度変わる。葉子に扮する前田敦子の表情が、瞼に焼きつく。

全国公開中。©2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

 

さよなら、退屈なレオニー

映画「さよなら退屈なレオニー」

カナダ・ケベックの退屈な海辺の街で暮らす、17歳の少女レオニーは、やりたいことも見つからないし、母と義父の家にも居場所は見つからない。ここから居なくなりたくて、ずっとイライラしている。そんな彼女が、大人になりきれない大人たちとの交流を経て少しずつ変化していく。カナダの新鋭セバスチャン・ピロットが監督・脚本を手がけ、カナダで大ヒットを記録した作品。希望はずっと続くものではなく、灯ったり消えたりするものだ。

新宿武蔵野館ほか全国順次公開中。©CORPORATION ACPAV INC. 2018

 

ワイルドライフ

映画「ワイルドライフ」

俳優のポール・ダノが監督し、パートナーのゾーイ・カザンが共同脚本を手がける『ワイルドライフ』は、60年代のモンタナ州を舞台に壊れゆく家族を描いた同名小説が原作。ダノを彷彿とさせる14歳の息子を持つ幼すぎる父ジェリー(ジェイク・ギレンホール)と、女として生き抜こうとする母ジャネット(キャリー・マリガン)は、まだ30代半ば。家族の役割という型にはまって大人になることの難しさは、大人と呼ばれる年齢になるほど痛感する。

7月5日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほかにて順次公開。 ©2018 WILDLIFE 2016, LLC.

Recommender: 小川知子

ライター・編集者。公開中の映画『月極オトコトモダチ』も働く女性にはグッと刺さる作品です!

GINZA2019年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)