なんでみんな、結婚を披露するの? 現代日本のリアル描く『神前酔狂宴』 etc. 9月号G’s REVIEW

なんでみんな、結婚を披露するの? 現代日本のリアル描く『神前酔狂宴』 etc. 9月号G’s REVIEW

『神前酔狂宴』

神前酔狂宴

(古谷田奈月/河出書房新社/¥1,600)

ポン、ポンと打ち合わされる柏手のように、リズムにのって物語は進む。結婚、家族、右と左と歴史と平成。結婚式場に派遣されて《幻事業の幻製造サイド》に入りこみ、《なんでみんな、結婚を披露するの?》と驚くフリーター浜野の目を通して語られる、現代日本の身も蓋もないリアル。過去は退屈なのか、名前は奪われなければならないのか、守られるべきは誰の想いなのか。どんでん、どんでん!本の中から時代が変わる音が聞こえてくる。

 

『穴の町』

穴の町

(ショーン・プレスコット/北田絵里子訳/早川書房/¥2,500)

小説の舞台はニューサウスウェールズだが州都シドニーの気配は遠くて薄い。オーストラリアは州のひとつひとつが大きすぎる。消えゆく町について本を書く《ぼく》は、パブ経営者、バス運転手、スーパーマーケットの常連やラジオDJと言葉を交わす。ある日地面に穴が空く。境界をまたぎ越したその先、現在から振りかえる過去と歴史、人とのつながりも交わりも、あったはずのものが消失して、読み手の心に奇妙な明るさだけが残る。

 

『抽斗のなかの海』

抽斗のなかの海

(朝吹真理子/中央公論新社/¥1,700)

朝吹真理子が書く言葉は、スッとした文字のような顔をして紙の上に並んでいるけれど、目を離すとジジ……と動く。小説も、エッセイも、本の形になって届くけれど、広々とした白い箱に入れられた生き物のようだ。だから触れたら動く、読み手も動く。眼は焦点を何度も結び直し、解像度は乱高下して読書の愉悦をたっぷり味わわせてくれる。作家デビューからの10年間に書かれたエッセイ。思索と回想が挟まれながら《いま》がずっと流れている。

Recommender: 鳥澤 光

ライター、編集者。世界が言葉で組み替えられるのを見つめるように3冊を読みました。

GINZA2019年9月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)