SEARCH GINZA ID

不思議なタイトル『たやすみなさい』を読めばわかる短歌の魔法 etc. 12月号G’s REVIEW

不思議なタイトル『たやすみなさい』を読めばわかる短歌の魔法 etc. 12月号G’s REVIEW

『記憶の盆をどり』

町田 康

町田康 記憶の盆をどり

(講談社/¥1,700)

奇妙な生き物を愛でたい、時代劇のような世界を歩きたい、ドッカンドッカン迫力満点の戦場に行ってみたい、美少年を暗がりで見つめたい。それ、全ッ部、叶います。異世界ファンタジーにホラーにBLに、名作絵本へのトリビュートまで。言葉を遊ぶ天才作家・町田康の節回しにのせられ揺られするうちに、本を持つ手も文字を追う目も皺々の脳みそも存在することをやめて、気づけば物語の中をプカリプカリ泳いでいる。9編を収めた8年ぶりの短編作品集。

 

『メインテーマは殺人』

アンソニー・ホロヴィッツ

『メインテーマは殺人』 アンソニー・ホロヴィッツ

(山田 蘭訳/創元推理文庫/¥1,100)

自身の葬儀を手配した老婦人にメインテーマたる殺人が降りかかるところから物語は始まる。事件を追うのは探偵ホーソーン、彼とともに行動する語り手はアンソニー・ホロヴィッツ、つまり作家自身。彼以外にも実在の人物や作品がたびたび登場して(スピルバーグ!タンタン!)虚構と現実の境界線は軽やかに乗り越えられていく。《すべての断片があるべき場所に収まっていく感覚》の圧倒的な甘さ美しさに絡め取られる愉悦のミステリ。

 

『たやすみなさい』

岡野大嗣

『たやすみなさい』 岡野大嗣

(書肆侃侃房/¥2,000)

不思議なタイトルの詳細はすぐに判明する。優しい願い、ひとりの挨拶。でもそれは意味だろうか。意味に寄り添ったり、そこから離れて音になったり、景色になったりしてもいるようだ。短歌は歌で、歌は音。いくつもの時間が、瞬間が、みそひともじの音を与えられ形を得て、古い記憶も新しく生まれ直す。《母犬がGoogleマップに写ってる 写ってるよって子犬に見せる》なんて読んでしまったら、心の子犬を抱きしめるしかもう道ははない。

Recommender: 鳥澤 光

ライター、編集者。町田康さんの新作エッセイ『しらふで生きる 大酒飲みの決断』にも酩酊中。

GINZA2019年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)