SEARCH GINZA ID

1年ぶりのRei新作『SEVEN』は7ずくめのミニアルバム etc. 12月号G’s REVIEW

1年ぶりのRei新作『SEVEN』は7ずくめのミニアルバム etc. 12月号G’s REVIEW

 

『SEVEN』
Rei

『SEVEN』 Rei

幼少期をNYで過ごし、4歳でギターに、5歳でブルースに出合ったRei。飛び抜けたギターの表現力だけでなく、たちまち心をつかむ作曲のセンスやチャーミングな言葉の使い手として、彼女の同世代のファンに留まらず、長年音楽に親しんできたベテランのリスナーにもご贔屓が多い。7作目、7thコードを駆使するなど“7”にあふれた本作は、国も言語もシームレスに活動する彼女が、自身や聴衆を鼓舞するような力強さもあり、日々のアンセムになりそう。

(Universal Records)

 

『ゼア・イグジステッド・アン・アディクション・トゥ・ブラッド』
クリッピング

『ゼア・イグジステッド・アン・アディクション・トゥ・ブラッド』 クリッピング

トニー賞11部門受賞のラップ・ミュージカル『ハミルトン』の主要キャストで、人種間の埋まらない溝を軽快なテンポで炙り出した映画『ブラインドスポッティング』では脚本・主演を務めた俳優・ラッパーのデイヴィード・ディグス率いるヒップホップ・トリオ。硬質なノイズを取り入れたビートに、冷静に畳み掛けるラップをのせたスマートな筆法にのめり込む聴衆の胸に、鋭いナイフを突きつけるシアトリカルな3作目。

(ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ)

 

『Apollo XXI』
スティーヴ・レイシー

Apollo XXI』 スティーヴ・レイシー

ロサンゼルスのバンド、ジ・インターネットのギタリストとして活躍する傍ら、19歳で参加したケンドリック・ラマーのアルバムがグラミー最優秀ラップ・アルバム賞を受賞するなど、若くして評価を上げている売れっ子コンポーザーがソロ・デビュー。「大事なのはツールではなくフィーリング」と、活動を始めた頃からあふれるアイデアをすぐに形にできるiPhoneでの作曲を続けているが、ミニマルな環境で生まれた楽曲には音楽界の未来まで託されている。

(Beat Records)

 

Recommender: 奥浜レイラ

音楽・映画まわりのMC。クィアの恋愛を歌うキング・プリンセスのデビュー盤も絶品です。

GINZA2019年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)