表現の競演。ガーディアン・ガーデンにて次世代を担う若手クリエイターを発掘する「1_WALL」展が開催

表現の競演。ガーディアン・ガーデンにて次世代を担う若手クリエイターを発掘する「1_WALL」展が開催

グラフィックと写真、2部門の新しい表現法を追求し続ける若きクリエイターが個展開催の権利を賭けて激突する公募展、第20回「1_WALL」展がギャラリー〈ガーディアン・ガーデン〉にて開催。二次審査を通過したファイナリスト各6名がそれぞれ壁一面を使い作品を展示する。さて、グランプリに輝く作品は果たして


若きクリエイターたちによる新しい表現

表現が多様化している現在。表現することに真剣に向き合う若きクリエイターたちが作品発表の場を求めて競い合う「1_WALL」も今回で20回を重ねる。応募条件は35歳以下。グランプリ受賞者には1年後の個展開催の権利と制作費20万円が贈呈される。過去には、中島あかね、佐藤麻優子、寺本愛などがグランプリを受賞している。

審査方法はポートフォリオ審査による一次審査、審査員と一対一で対話する二次審査を通過したファイナリスト各6 名が自身の作品を発表する。最終審査では審査員の前でファイナリストたちが自身の作品をプレゼンテーションする姿が一般公開され、若き才能と個性のぶつかり合いで会場はヒートアップする。

会期は2期に分かれ、グラフィック部門は2019年3月15日(金)まで。写真部門は2019年3月19日(火)〜4月20日(土)となる。

グラフィック部門

壁に残されたテープや傷、汚れなどの痕跡をモチーフにリトグラフを制作する加藤舞衣 。写実的なグラフィックを 制作する河村真奈美 。虚無を見つめる人物を描く永井せれな 。自身が制作したCGを油絵の具で描く山内  萌。グラフィカルなインスタレーションを展開する星野陽子。ある瞬間をつなぎ合わせた紙に描く柳田稜など、壁を覆う作品は圧巻だ。

グラフィック部門 審査員: 上西祐理 Yuri Uenishi | アートディレクター/グラフィックデザイナー、菊地敦己 Atsuki Kikuchi | グラフィックデザイナー、大日本タイポ組合 Dainippon Type Organization、都築潤 Jun Tsuzuki | イラストレーター、保坂健二朗 Kenjiro Hosaka | 東京国立近代美術館主任研究員

写真部門
日常の中で忘れたくない風景を写真に撮る石川清以子。東京の街で違和感を感じる瞬間を切り取る王露。神の存在への興味から長崎県生月島で隠れキリシタンの人々を撮影した紺田達也。 性別や性とは何かを考えた作品をつくるシャンテル・リョウ。夜の住宅街の人工光をモノクロでとらえた野々山裕樹。自室で一日一作品をつくる平本成海。 2019年4月12日(金)に開催される最終審査会で作品と彼らの熱を感じてみたい。

写真部門審査員: 沢山遼 Ryo Sawayama | 美術批評家、鈴木理策 Risaku Suzuki | 写真家、田中義久 Yoshihisa Tanaka |グラフィックデザイナー / 美術家、姫野希美 Kimi Himeno | 赤々舎代表取締役 ディレクター、増田玲 Rei Masuda | 東京国立近代美術館主任研究員

【第20回グラフィック「1_WALL 」展】
開催期間: 開催中〜2019年3月15日(金)11:00-19:00

【第20回写真展「1_WALL 」展】
開催期間: 2019年3月19日(火)〜4月20日(土)11:00-19:00
公開最終審査会: 2019年4月12日(金)18:00-21:00※予約制。3月12日(火)から受付開始。詳細はWEBを参照。

会場: ガーディアン・ガーデン中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル B1F
問い合わせ: 03─5568─8818
※日曜・祝日休館、入場無料
http://rcc.recruit.co.jp/gg/

Text&Edit: Hiroko Chihara

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)